マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】テックファーム Research Memo(3):事業規模の拡大に向けて新株予約権発行による資金調達を実施

2016年11月29日 16:03

■テックファームホールディングス<3625>の第3者割当による新株予約権を発行

2016年10月に第3者割当(割当先:大和証券<8601>)による行使価額修正条項付き新株予約権を発行した。当初の行使価額は2,640円(上限行使価額なし、下限行使価額は1,584円)で、すべて行使されれば株式数が100万株増加することになる(発行済株式総数比率14.9%)。資金調達額は行使価額によって変動するが下限行使価額が設定されており、100%行使されれば少なくとも1,600百万円は調達できる計算となる。

調達資金の使途は、EBEの株式取得対価の残額分支払いで200百万円、普通社債償還資金として600百万円、米国カジノ市場でのモバイル電子マネー決済サービス事業にかかる開発・事業化投資として200百万円を充当していく予定となっている。なお、米国向けの投資資金はカジノ市場でのフィールドテスト開始に向けた投資資金であり、日本のIR法案の高まりのなか、日本国内でのカジノ事業も視野に入るが、現状はまだ具体的なスケジュールは未定のままとなっている。さらに、今回新たに設立するサンキテックへの投資をはじめとした資本業務提携投資のほか、事業規模拡大に向けたM&A、IoTやAIなどの最先端のテクノロジーを利用した新たな自社ソリューション開発のラインナップ強化への投資を行っていく予定である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。