マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ぶせな氏: 2017年の為替相場とトレードの展望

2017年1月2日 8:35

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ぶせな氏(ブログ「FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」ブログ」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2016年12月22日12時に執筆

2017年の展望を考えてみます。展望といっても、価格変動の予想ではなく、2016年の結果からみて自分自身がどうしたいか、どう利益を出すかというトレードの視野です。やる事はトレードで利益を上げること、これは明確です。

その意味で、アナリストや為替が絡む企業で「想定為替レート」を公表しなければならないのは大変だと思います。これは、難しすぎますからね。為替市場で、通貨の価値を予測することほど難しいものはないと思っています。一つの国でなく、それが二国間の価格差、つまり通貨ペアのレートは想定できるものではありません。1週間先の価格すら分からないのに、もっと長い中長期ですからね。

2016年後半は、トランプラリーで上昇に乗れなかった方も多いでしょう。とりあえずロングにしておけば儲かったわけですが、いざ自分自身がポジションをホールドする場面になると、そんな上手くはいかないものです。個人投資家の場合、毎日儲けようとポジションを取ろうとして、必死になっています。また、自分に都合の良い情報だけを見ようとします。

例えば、ロングできない心理として、価格が下がる情報だけを見ようとします。また、「さすがに上げ過ぎだろう。今からロングするには怖い。」こう考えます。しかし、上げ過ぎを何で判断しているかです。相場観で判断してしまうと、上げている最中はずっと頭の中に上がり過ぎというイメージが残ってしまいます。仮に、大相場で1年間上昇トレンドが続けば、1年間ロングポジションを持てないことになります。

たった一度の損切りが怖くて、ずっとロングできずに指をくわえて見ているのはナンセンスです。

まず、2017年年初から焦らない事、これは重要です。意外と、中長期よりも今日1日だけを考えることで、先入観なくポジションを持てるかもしれません。その1日が積み重なり、1年間になります。新しい年がスタートなので、先入観もまっさらにしたいものです。売買ポイントは、2016年の振り返りで配信したように、3つのポイントに着眼点を持つ事が重要です。3つの局面で利益を出す事、これはどんな相場でも変わらないのでおススメです。


執筆者名:ぶせな
ブログ名:FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」ブログ

<WA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。