マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【マザーズ市場】12月26~30日『IPO銘柄中心に中小型株物色シフト、年間騰落率は6%の上昇に』

2017年1月3日 15:15



【マザーズ指数は3日ぶり反発、中小型株に物色シフトも、みんなのWEDはストップ高】26日(月)

■概況■920.54、+15.23
26日(月)のマザーズ市場では、主力株を中心に直近の下落に対する反発狙いの買いが優勢だった。今晩の海外市場は多くがクリスマスの振替休日で休場となり、東証1部市場が商い閑散となったことから、マザーズなどの中小型株に個人投資家の物色がシフトしたようだ。なお、マザーズ指数は3日ぶり反発、売買代金は概算で883.26億円。騰落数は、値上がり158銘柄、値下がり62銘柄、変わらず8銘柄となった。マザーズ指数は節目の900pt手前で切り返す形となった。


◆注目銘柄◆
SOSEI<4565>やメタップス<6172>、JIG−SAW<3914>、MS−Japan<6539>、モルフォ<3653>などが上昇。JIG−SAWは生物・細胞をソフトウェア制御する再生医療に着手すると発表し、モルフォはデンソー<6902>とNEC<6701>の協業開始が材料視された。また、みんなのWED<3685>がCOOKPAD<2193>前社長による株式公開買付け(TOB)を受けてストップ高比例配分となり、直近IPO銘柄のシンシア<7782>やスタジオアタオ<3550>などが10%超の大幅高となった。一方、22日上場のエイトレッド<3969>がマザーズ売買代金トップでストップ安水準まで売られ、同じく直近IPO銘柄のイノベーション<3970>も大きく下げた。イグニス<3689>は順天堂大学教授とのVR(仮想現実)技術応用に関する共同研究の開始を発表したがストップ安比例配分。その他、アカツキ<3932>、モブキャス<3664>、グレイス<6541>などが下落し、サイバーダイン<7779>も小幅に下げた。


------------------------------------------


【続伸、節税対策売り通過を意識、直近IPO銘柄のシンシアやグレイスが買われる】27日(火)

■概況■927.18、+6.64
27日(火)のマザーズ市場では、前週後半の下落に対する反発狙いの買いが続いたほか、本日が年内受渡の最終売買日だったことから、個人投資家の節税対策売り通過を意識した買いも入り、しっかりした展開となった。本日も直近IPO銘柄の一角などが大きく買われた。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で914.49億円。騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり78銘柄、変わらず7銘柄となった。


◆注目銘柄◆
SOSEI<4565>、モブキャス<3664>、スタジオアタオ<3550>、JAM<8922>などが上昇し、サイバーダイン<7779>が小幅高となった。直近IPO銘柄ではシンシア<7782>が連日の大幅高となり、グレイス<6541>は引けにかけてストップ高水準まで買われた。COOKPAD<2193>前社長が株式公開買付け(TOB)を実施しているみんなのWED<3685>も大幅続伸した。一方、メタップス<6172>、エイトレッド<3969>、MS−Japan<6539>、アカツキ<3932>、リファインバス<6531>などが下落。アカツキは本日売買分より信用規制が実施されている。イグニス<3689>は連日のストップ安。直近IPO銘柄のエルテス<3967>は引けにかけて値を崩した。


------------------------------------------


【3日続伸、中小型株優位の相場展開で、引き続き直近IPO銘柄が活況】28日(水)

■概況■938.52、+11.34
28日(水)のマザーズ市場では、日経平均の小動きが続くなか、中小型株優位の相場展開に乗って堅調に推移した。引き続き直近IPO銘柄の一角が活況で、主力株もしっかりとした展開だった。ただ、マザーズ売買代金はさほど膨らんでいない。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で873.13億円。騰落数は、値上がり157銘柄、値下がり64銘柄、変わらず3銘柄となった。


◆注目銘柄◆
MS−Japan<6539>やシンシア<7782>がストップ高まで買われ、マザーズ上昇率上位に並んだ。引き続き初値の過熱感がなかった直近IPO銘柄を選好する投資家が多いようだ。また、GNI<2160>やファンデリー<3137>も10%超の上昇となった。モブキャス<3664>は後場に一時急伸する場面があった。中国企業と日本のアニメIPに特化したファンドの運用会社設立で合意したと発表している。その他、SOSEI<4565>、JIG−SAW<3914>、サイバーダイン<7779>、エイトレッド<3969>、エボラブルA<6191>などが上昇した。一方、マザーズ売買代金トップのイグニス<3689>は8%安。上場来高値の半値水準での攻防となった。その他売買代金上位では、メタップス<6172>、グレイス<6541>、JAM<8922>、モルフォ<3653>などが下落。また、イグニスやグラン<3261>、メディアF<6067>がマザーズ下落率上位だった。



-------------------------------------------


【4日ぶり反落、売り先行も下げ渋る、直近IPO銘柄物色が続く】29日(木)

■概況■931.44、-7.08
29日(木)のマザーズ市場は、相場全体の軟調地合いに加え、年末年始の連休が迫っていることもあって、直近の上昇に対する利益確定売りが先行した。ただ、マザーズ指数は朝方の売りが一巡すると、25日線水準から下げ渋る展開となった。引き続き直近IPO銘柄の一角などが買われた。なお、マザーズ指数は4日ぶり反落、売買代金は概算で713.64億円。騰落数は、値上がり57銘柄、値下がり163銘柄、変わらず8銘柄となった。


◆注目銘柄◆
MS−Japan<6539>、イグニス<3689>、メタップス<6172>、サイバーダイン<7779>、エボラブルA<6191>などが下落し、グレイス<6541>は小幅に下げた。また、モブキャス<3664>は利益確定の流れが止まらず、マザーズ下落率トップとなった。一方、シンシア<7782>がマザーズ売買代金トップで連日の大幅高となった。その他の直近IPO銘柄では、フォーライフ<3477>、イノベーション<3970>などが大きく買われる場面があった。アークン<3927>はパワードプロセスコンサルティングとの提携を受けてストップ高比例配分。第3四半期決算とともに通期予想の上方修正と増配を発表したトライSTG<2178>は急伸して年初来高値を更新した。また、リファインバス<6531>、モルフォ<3653>、JAM<8922>などが上昇し、ミクシィ<2121>は小幅高となった。


-------------------------------------------


【マザーズ指数は反発、テーマ関連の一角が強い動き、年間騰落率は6%の上昇に】30日(金)

■概況■942.68、+11.24
30日(木)のマザーズ市場は、年末年始の連休が迫っていたなか、日経平均の下げ渋りも安心材料視されて、押し目買いの動きが優勢となった。全般的に売り圧力が低下するなかで、テーマ株の一角に資金が向かい全体をけん引した。マザーズ指数は反発、売買代金は概算で692.61億円。騰落数は、値上がり154銘柄、値下がり58銘柄、変わらず16銘柄となった。なお、2016年年間ベースでは、マザーズ指数は6.3%の上昇となり、日経平均のパフォーマンスを上回った。


◆注目銘柄◆
SOSEI<4565>、サイバーダイン<7779>、ミクシィ<2121>などの主力株が揃って堅調、メタップス<6172>、ロゼッタ<6182>、JIG‐SAW<3914>などのAI関連株でも強い動きが目立った。マイネット<3928>は国内証券の業績上方修正を受けて急伸。モブキャス<3664>はゲーム開発「でらゲー」との資本関係強化が材料視される。アライドアーキ<6081>も強い動きが目立った。MS−Japan<6539>、エボラブルA<6191>は反発。一方、シンシア<7782>は短期的な過熱感を反映して急反落。アークン<3927>も前日にストップ高となった反動が強まる。イノベーション<3970>、スタジオアタオ<3550>、モルフォ<3653>なども上値の重い動きになる。




<SK>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。