マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】シュッピン Research Memo(4):カメラ市場自体は縮小傾向が続くも、同社の成長は続く

2017年1月10日 15:43

■カメラ市場の現状とシュッピンの成長戦略

シュッピン<3179>は4商品を扱っているが、現状ではカメラが経営の中核を担っている。そのカメラは、特に国内において、マイナス成長が顕著となっている。一般社団法人カメラ映像機器工業会の統計によれば、2016年4月−9月の国内出荷金額は、デジタルカメラ全体が前年同期比31.1%減、同社が得意とするレンズ交換式が同24.2%減といずれも減少となっている。

結論から言えば、弊社では、このような国内の新品カメラ市場の現状にあっても、同社のカメラ事業の成長性は当面15%~20%前後の高い成長率を維持できるものと考えている。そう考える理由は、同社が新品のみならず中古品を取り扱っていることにある。カメラは高級機械式時計などと異なり、工業製品としての価値が問われている点がまず特徴として挙げられる。すなわち、より高性能の新製品がリリースされれば、一定の層は新製品を購入する。その際それまで保有していたカメラを下取りに出すという行動が起こる。同社が創業以来取り組んできたのは、こうしたサイクルを如何に自社のビジネスとして取り込むか、ということである。その結果同社は、新品と中古品とが互いに相乗効果をもたらして販売を促進する仕組みを確立した。

そうした同社の成長性を判断するうえで重要なのは、単年度のカメラの出荷金額(あるいは台数)ではなく、国内の市場に蓄積したカメラの台数であると弊社では考えている。同社のカメラ事業で主として取り扱っているレンズ交換式カメラの国内出荷台数について、直近5年の累計台数の推移を見ると、依然として増加基調にある。カメラの性能向上のスピードを考慮して5年単位としたが、実際の使用年齢はもっと長い。したがって、同社のカメラ事業にとっての“市場”は下のグラフ以上に拡大が続いていると弊社では推測している。

また、カメラ市場の縮小はスマートフォンとの競合の影響とされるが、その影響をより直接的に受けるのは、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)というタイプだと弊社では考えている。同社のコンデジの取扱構成比は6%で、市場全体の20%よりも大幅に小さい。これは同社がコンデジの中でも10万円を超えるような高級機を主体に扱っているためであり、この営業姿勢は今後も続くと弊社ではみている。スマートフォンとカメラの競合に話を戻すと、スマートフォンのカメラでは満足できない部分を埋め合わせるものとしてレンズ交換式カメラが買われているという状況もある。すなわちレンズ交換式カメラはスマートフォンと共存していくものと弊社では考えている。

加えて、Webマーケティングの強化や情報提供の充実、サイトの使い勝手の向上など、トップラインを目指す取り組みにも余念がない。そうした経営努力と、新品と中古品を合わせた市場の拡大とがあいまって、前述のように、今第2四半期のカメラ事業売上高は前年同期比2.5%の増収を達成した。免税売上高の影響が及ばないEC売上高の増収率は23.7%に達しており、むしろこの数値が同社の実力に近いと弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。