マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SDエンター Research Memo(2):17/3期2Qは増収減益となるも営業利益と経常利益は計画を上回って着地

2017年1月10日 15:40

■2017年3月期第2四半期決算の分析

SDエンターテイメント<4650>の2017年3月期第2四半期決算は、売上高4,066百万円(前年同期比2.6%増)、営業利益50百万円(同36.7%減)、経常損失26百万円(前年同期は17百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失71百万円(前値同期は79百万円の損失)と、全般に前年同期比と同じ水準での着地となった。一方、期初予想との対比では、売上高は184百万円計画を下回ったものの、利益面では営業利益と経常利益が計画を若干上回っての着地となった。

弊社では、今第2四半期は営業利益以下が計画を若干ながら上回っての着地となり、まずまずの決算であったとみている。売上高の計画に対する未達額184百万円は第1四半期の47百万円と第2四半期単独期間の137百万円とに分解できる。このうち、第2四半期の未達分のかなりの部分は、8月の台風被害の影響だと弊社ではみている。184百万円の売上未達の影響は決して小さくないが、それを吸収して利益は計画線まで戻した点に、同社の収益力が改善してきていることがうかがえる。

今第1四半期において同社は、1)市場調査・人材教育・コンサルティング費用、2)放課後デイサービス等の開業準備費用、3)賃料削減交渉成功報酬の一括計上、4)赤字ゲーム店譲渡決定にかかる減損の計上、の4項目について一時的な費用を計上した。

このうち、市場調査・人材教育・コンサルティング費用は、同社の事業分野全般にわたって投入された。例えばGAME事業では、同社自身がゲーム場運営において長年の経験を有しているが、今回、外部コンサルタントに委託して、ゲーム機の選定や動線など店舗設計全般について見直しを行った。その効果は第2四半期から明確に現れているもようで、第3四半期以降の成長につながると期待されている。また、賃料削減に関しては、外部の交渉専門家に依頼して不動産の賃料を年間で約50百万円引き下げることに成功した。この効果は7月の月次決算から賃料負担の軽減効果として発現している。

第2四半期単独期間においては、第1四半期の施策に費用を投下して行った各種収益改善策の着実な実行に努めた。この期間は夏場で同社にとっては不需要期に当たるが、新たな施策にじっくり取り組んで定着させるには好都合ということができる。今第2四半期累計期間は、将来の成長に向けて布石を打つ、そういう位置付けの時期であったと言えるだろう。

事業部門別では、GAME事業は既存店ベースではヒットゲーム機の導入や早朝営業開始の効果などで好調に推移した。フィットネス事業も、既存店ベースでは会員数が増加したほか、物販も伸長して順調だった。ただし前年同期比較では、それぞれの事業で店舗数が純減した影響で減収となった。

ボウリング事業は前々期から行っているLTB(ボウリング教室)の継続実施やトーナメント、リーグ戦の実施で顧客増を図った。しかし、8月の台風の影響による団体予約のキャンセルや昨年12月にオープンした競合店の影響などで、前年同期比では減収となった。

施設管理事業のうちシネマは「名探偵コナン」シリーズや「君の名は。」「シン・ゴジラ」などのヒット作に恵まれたほか、カフェ施設の飲食売上増などで、前年同期比増収となった。

その他事業は、2015年5月と7月に子会社2社の事業が加わったことで、大幅な増収となった。子会社による介護事業、カウネット事業、テレマーケティング事業はいずれも順調に進捗したほか、放課後デイサービス2施設と認可外保育園1施設を第2四半期に開設し、事業拡大にスタートを切った。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。