マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

世界同時株高へ トランプ大統領は何をどうしたいのか?

2017年2月1日 17:00

アメリカ第一主義がもたらすものは何か(トランプ氏のFacebbokより)

アメリカ第一主義がもたらすものは何か(トランプ氏のFacebbokより)

 世界の株式市場はここ3か月弱の間、リスクオン姿勢を強めている。特にアメリカ・NYダウの動きが強い。11月4日に安値17883.56ドルを付けた後、急上昇。12月下旬から1月中旬にかけての浅い押し目を経て、1月26日には場中で史上最高値となる20125.58ドルを記録、27日は20093.78ドルで引けている。

 株式市場はNYダウの快進撃を通して、トランプ政権を肯定的に評価していると判断せざるを得ない。経済が上向き、良くなる見通しがない限り、「金利に先高観がある中で株価が史上最高値を付ける」ということは起こりにくい。そうなると、トランプ政権の政策が景気にプラスに働くという見通しが、株価を押し上げているといえるだろう。

 トランプ大統領は何をどうしたいのか? それは1月20日に実施された就任演説に凝縮されている。

 大目標は、「権限を首都ワシントンの政治からアメリカ国民に返す」こと。「この瞬間から、“アメリカ第一”となる。貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下される」としており、「保護主義こそが偉大な繁栄と強さにつながる」といった考え方を示している。

  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。