マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家R:メンタルは勝敗を大きく左右する!

2017年2月1日 9:45

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家R氏(ブログ「デイトレードで毎日を給料日にしよう♪」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年1月30日17時に執筆

前回は勝つために必要な経験について書かせていただきました。多くの経験が自分の勝つための知識となり、勝率を高めてくれるものだと思います。成功した例だけでなく、失敗した時、いえ、大失敗をした時こそ「何がいけなかったのか」「どうすれば回避出来たのか」を考えてみてはいかがでしょうか。次につながるならそれは無駄な負けではなかったということになります。

■メンタルはなぜ大事か

以前、株のシミュレーションサイトがあり、参加者が順位を競っていました。それを見ると半数以上が勝利を収めていました。株で勝ち続けられるのは10%未満と言われているのに、なぜシミュレーションだとそのようなことが起こるのでしょうか。

それはメンタルに秘訣があるのだと考えます。買いだと思うけれどリスキーで怖い銘柄も、シミュレーションなら躊躇なく買えます。もう売らなきゃ、という時も実際であればロスカットしたくないという思いから踏み止まってしまう場面が多いと思います。これを断行できるのはまさにシミュレーションだからでしょう。

多くの皆様は勝つための知識と経験を持っていらっしゃると思います。それを全て台無しにしてしまう可能性があるのだから、メンタルは投資において大きなウェイトを占めることになります。

■負けパターンのメンタル

今回は私の負けパターンを紹介したいと思います。
1.ロスカットすべきだけどしたくない、今売ったら今日の努力がパァになる。
→やばい、昨日の勝ち額まで吹っ飛んだ。今売ると2日分の努力が…
→あぁぁ…もう1週間分の利益が…
→1ヶ月分の利益が…もう株辞めたい…

損を確定してしまうことで、その日の努力で稼いだものがなくなる。それを嫌ってロスカットしない。結果として損失が取り返しのつかないことになる。こういう経験はあるかと思います。まさにコツコツドカンというものの典型です。私があまり勝てなかった時期はこういうことばかりでした。30営業日連続で利益が出ても2回の負けで全て吹っ飛んだ経験もあります。特に、ロスカットすべきということを理解していながらこうなってしまうと、精神的なダメージはものすごいものになります。

2.一度含み益○○円までいったのだから今は売れない
これも大負けの入り口として非常に多いです。一度大きな含み益を見てしまうと、売れずに下がった時、なかなか売れなくなります。もう一度そこまでいってくれ!という願望から、マイナスになっても受け入れることができず、パターン1で紹介した流れに突入してしまうことも。

■まずはマイナスを減らすこと

学校の勉強に関しては苦手を克服するよりも、得意分野を伸ばすべきだと考えています。しかし株に関して言えば、利益を伸ばすよりもドカンを減らすことが重要だと思います。ドカンが月に何回も出ているうちは、どんなに素晴らしいリカク(利益確定)を繰り返してもいずれ退場が見えてしまうでしょう。全ての投資機会で利益を出そうとせず、素直にロスカットを受け入れられる心のゆとりを持ちましょう。

いかに「こうしましょう」と言っても簡単にできることではありませんし、私自身もいまだに多くのミスをします。ずっとデイトレードをしているのに勝てるようにならない!という人のため、メンタルとかでなく、技術的にどうすれば簡単に変われるか。次回はそこに触れていきたいと思います。

あくまで私が勝てるようになった経緯に基づいた個人的な意見になります。参考になるという方もいれば、参考にならない方もいらっしゃると思います。

どんな人にも面白いと思ってもらえるような記事作りに励んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

----

執筆者名:R
ブログ名:デイトレードで毎日を給料日にしよう♪

<HK>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。