マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

高配当、AI…他、続々誕生する新指数の市場へのインパクト

2017年2月7日 16:00

新たな株価指数が続々と誕生

新たな株価指数が続々と誕生

 昨年来の「トランプ相場」で勢いを増している日本株市場。まだまだ株価上昇が期待できるという声も高まるなか、今年は年初から新たな株価指数(インデックス)が続々登場している。

 まず1月10日にお目見えしたのが、「日経平均高配当株50指数」だ。日経平均を構成する225銘柄のうち、みずほフィナンシャルグループやキヤノンといった予想配当利回りの高い50銘柄で構成される。同指数の構成銘柄から計算した予想配当利回りは3%程度となっており、日銀のマイナス金利導入などの影響で定期預金金利が0.01%と超低金利時代が続くなか、魅力的な水準といえるかもしれない。

 続いて野村証券が算出を開始したのが「野村AIビジネス70」。これはAI(人工知能)に関連するビジネスについて、新聞、雑誌など各種ニュースの膨大な記事検索結果(ビッグデータ)から有望な70銘柄をAIが抽出。いわば「AIがAI関連銘柄を選ぶ指数」となっている。

 そして東証と日経新聞が3月13日から算出開始を予定しているのが「JPX日経中小型株指数」である。これはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)や日銀のETF買い入れの投資対象として注目されているJPX日経インデックス400の考え方を中小型株にも適用。過去3年間の平均自己資本利益率(ROE)や累積営業利益などによって投資魅力の高い200銘柄を抽出するものだ。

  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。