マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アンジェスMG—2016年12月期決算は売上高増加するも開発費増加により損失拡大

2017年2月6日 10:05

アンジェスMG<4563>は3日、2016年12月期(2016年1~12月期)決算を発表した。売上高が前年同期比19.6%増の5.14億円(前年同期は4.30億円)、営業損失は47.63億円(前年同期は41.71億円の損失)、経常損失が48.47億円(前年同期は40.89億円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が47.76億円(前年同期は41.43億円の損失)となった。

アンジェスMGは、1999年に設立された大阪大学発の創薬ベンチャーである。当社グループは、継続的な営業損失の発生及び営業キャッシュ・フローのマイナスを計上している状況にあり、製品化までに多額の資金と長い時間を要する等の特性がある。
現在、遺伝子医薬に特化した開発を進めており、新薬候補品を開発し販売パートナーとの販売権許諾契約によって得られる契約一時金や、開発の進捗状況等によって得られるマイルストーン収益、上市後の製品売上高にかかるロイヤリティ収入を獲得するビジネスモデルとなる。

2017年12月期通期の業績予想は、売上高が3.60億円、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失共に34.00億円としている。

事業収益については、ムコ多糖症治療薬「ナグラザイム」の販売量増加を見込みますが、提携企業からの契約一時金の減少により、当期に比べ減収となる見込み。ただし、利益に関しては、アトピー性皮膚炎を対象とした国内での臨床試験費用等の削減により、研究開発費が減少することから、当期に比べ増益となる見込みである。


<TN>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。