マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【オープニングコメント】ソフトバンク買い、メガバンク売りか

2017年2月9日 8:28

 9日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。8日の米国市場は、トランプ政権に対する政策実現への懐疑的な見方が強まり、米国債利回りが下落したことでモルガン・スタンレーやゴールドマンサックスなど金融セクターに売りが集中した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の18935円だった。

 この流れを受けて金融株には売りが先行する可能性があり、センチメントを悪化させそうだ。一方で、ソフトバンクG<9984>はADRで1.3%超の上昇となっている。決算はコンセンサスを下回っているが、サウジアラビアと計画している10兆円規模の投資ファンドが近く発足する見通しになったことなどが材料視されよう。

 その他は、決算が本格化していること、10日の日米首脳会談を見極めたいとの模様眺めムードが強いなか、狭いレンジ取引といったところか。もっとも、トランプ政権に対する不透明感もあって慎重姿勢が続いていたため、想定内の調整といったところである。

 個人の需給は良好であり、決算を手掛かりとした個別物色のほか、テーマ株等などでの物色意欲は旺盛である。米シカゴ自動車ショーを控えるなか、AI、EV、自動運転車などへの物色が意識されそうだ。

<AK>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。