マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】良品計画、鬼怒川ゴム、コメ兵など

2015年10月7日 16:37

<8088> 岩谷産業 642 -76下落率トップ。前日にCBの発行を発表、潜在的な希薄化を嫌気する動きになっている。CBで300億円を調達、水素関連の設備投資や買収資金などに振り向けるもよう。転換価額は740円となっており、前日終値からのアップ率は3.06%に。また、潜在株式数の比率は16.46%になるようだ。アップ率が低水準でもあり、ストレートに希薄化を織り込む動きとなっている。

<9831> ヤマダ電機 533 +33大幅反発。モルガン・スタンレー証券(MS)では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も550円から670円に引き上げており、買い材料視されているもようだ。歴史的な戦略転換の断行により、閉店や売場・人事制度改革が連携しての利益創出にスピード感が出てきたと評価。株式市場は改革効果を過小評価しているとしている。なお、前日に収益予想を上方修正したヤマダエスバイエルも買い優勢。

<6981> 村田製 15680 -760売り優勢。みずほ証券が投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に格下げ、目標株価も19000円から13000円に引き下げていることが売り材料につながっている。みずほ証券では、スマホ市場の15年後半以降の減速予想を再確認、業績予想を下方修正しているもよう。中国スマホ市場のピークアウト感が一段と強まっているほか、買替需要や部品点数増加のペースは鈍化していく可能性があるとしている。

<6965> 浜松ホト 2929 +109買い優勢。ニュートリノに重さがあることを証明した東京大宇宙線研究所所長の梶田氏がノーベル物理学賞を受賞した。同社は観測装置スーパーカミオカンデの目となる「光電子増倍管」を手掛けており、2002年に小柴氏がノーベル賞を受賞した際にも話題となった銘柄である。ニュートリノ、カミオカンデ関連としては他に、プラズマ、三井造船、オルガノなどが関連銘柄として挙がっている。

<2780> コメ兵 2460 -500ストップ安。前日に9月の月次動向を発表している。売上高は前年同月比7.8%減、今3月期に入って初の前年割れとなっている。宝石・貴金属を中心に個人買い取りが伸び悩んだようだ。インバウンド関連需要の取り込みが継続すると期待されていただけに、想定外の伸び悩みと捉えられる格好に。同社の月次動向を受けて、本日はインバウンド関連で軟調な動きが目立っている。

<7453> 良品計画 24200 -1800軟調。前日に上半期の決算を発表、営業利益は前年同期比38%増の161億円となり、計画値149億円を上回る着地となっている。ただ、先の観測報道並みの水準で、インパクトは限定的な状況に。足元では期待感が先行していた感もあり、出尽くし感と受け止める向きが多いようだ。なお、SMBC日興証券では、東アジア営業利益率が第1四半期比横ばいにとどまったことはややネガティブと評価しているもよう。

<5196> 鬼怒川ゴム 682 +32買い優勢。いちよし証券がレーティングを新規に「A」、フェアバリューを900円としている。収益改善が遅れていた北米などの海外拠点が、緩やかながらも利益貢献し始めたと捉えているもよう。また、合理化の進展で、過去に散見されていた業績下ブレリスクは限定的なものになってきたとも指摘へ。セクター平均並みのPER水準まで評価は可能と判断しているようだ。

<4061> デンカ 537 +29強い動きが目立つ。三菱UFJが投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も530円から700円に引き上げ、ファインケミカルセクターのトップピックとしている。原料安と円安が追い風になり、例年通り未達と予想していた期初計画の達成と最高益更新の確度が高まったと判断している。また、第1四半期業績が好調であったセクター内の銘柄ではバリュエーションに割安感が強いとも。

<6773> パイオニア 291 +15買い優勢。複数の大手自動車メーカーから、カースピーカー計約4500万本を新規に受注したと発表している。2018年以降、3年から5年にわたってグローバルに出荷する予定。当面の業績に寄与するとの期待感が先行。また、トヨタ<7203>が2020年に自動運転車の実用化を目指すと伝わっているが、独社と自動運転・高度運転支援システム向け高度化地図の活用に関する協議に向けて動いていることもあって、関連銘柄としての期待もあるようだ。

<XH>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。