マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】大衆迎合政治は大きなリスク

2015年10月13日 8:10

政治が大衆迎合的(ポピュリズム)になると経済的に間違った政策が行われる例は多い。記憶に新しいのは米国のリーマン・ショック時に、「ウォール街を救うために税金を使うのはけしからん」という世論におされて、金融安定化法案が否決された。後に再可決されたが、否決されたことで金融政策への不信感も一気に高まり、世界中から「信用」という信用が消滅し金融危機は破滅的なレベルに突入した。リーマン破綻時よりも金融安定化法否決時の方が株価などの暴落や金融市場の混乱は激しかった。
 日本でもバブル崩壊時に「庶民が家を買えなくなるのはけしからん」という世論やマスコミの騒ぎにおされて、急激な引き締めを行ったことで、バブルを破滅的に叩き潰すことになった。その後の金融機関への資本注入に際しても、米国のリーマン・ショック時と同じく、「税金で金融機関を救うのはけしからん」という声におされて資本注入が遅れ、バブル崩壊の影響がさらに長期に及ぶことになった。
 その時々の雰囲気や世論におされて政治の意思決定が行われると、経済的には大きく間違ったことが行われるリスクがある。
 本物の政治家とは国民に人気がなくても、国益や将来的な観点からみて正しい政策を実行できる政治家だ。ほとんどの民主主義国家で直接民主制ではなく間接民主制がメインの意思決定システムとして採用されているのは、一時の熱狂で偏る「拍手と喝采」の政治ではなく、選良による賢明な判断のほうが結果として正しい選択ができるという歴史的な経験に基づく。
 ポピュリズムによる経済的に誤った政策が実行されるリスクは常に存在する。政治家は国民の人気にないことを行ったことで次の選挙で落選することを最も恐れているからだ。
 最近では日本の消費増税の軽減税率論議がこれにあたるといえよう。食料品等に軽減税率を適用する弱者や低所得者に優しい政策というと聞こえはよいが、システムコストや業者のコストを考えると結局国民の負担が増える可能性がある。また、軽減税率を適用する線引が難しく、利権の温床となりこのコストも国民に跳ね返ってくる可能性がある。  
 また、米国でヒラリー・クリントン氏がTPPに反対したり、金融市場の規制を引き締めようとしているのもポピュリズムの典型といえよう。従来の主張を曲げ、大統領選で勝利しようとして目先の人気取りの主張をしているのはいただけない。
 結局、正しい政策が行われるためには、国民一人一人が一時の趨勢に流されたりマスコミの煽りに乗らず、冷静に正しい政策を考えて行動する必要があるが、これはこれで非常に難しいことだ。
 時代が変化しても、民主主義国家の大衆迎合政治は大きなリスクとして存在し続け、これを避ける有力な手段は見当たらない。

<YU>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。