マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】一尾仁司の「虎視眈々」:予想以上に冷え込む投資マインド

2015年10月16日 19:12

〇7−9月後遺症重く

14日発表の投信概況で、9月の運用損が4兆5571億円に達していることが明らかとなった。波乱の8月に5兆6718億円の運用損を出しており、2か月で10兆円を超えた。1か月で10兆円を超えた08年10月(リーマン・ショック)以来の厳しさに見舞われている。運用損の拡大は投資家心理を冷え込ませる。昨報のヘッジファンド清算では、ブルームバーグが「年初から160億ドルを上回る」規模で清算が相次ぐと伝えた。

UBSは中央銀行と政府系ファンドの運用資産が年末までに1兆2000億ドル(約143兆円、運用総額は14年末で合計18兆ドル)減少するとの試算を発表した。成長減速の中国、原油安によるロシア、サウジ、カタール、ノルウェーなどが中心と言う。13日付ロイターは9月に中国が日本国債を大量売却した可能性が浮上、と伝えた。財務省統計で9月下旬(21−30日)に海外投資家は円債を4兆6506億円処分(9月末は国債償還が集中し、ロールオーバーしなかった分を含む)。ドル転換で国内のドル調達コストが上昇したことと連動する。

足元の日本国債利回りは5か月半ぶりの低水準(一時0.305%)。売り圧力が既に一巡していると見られるとともに、円高圧力が強まってきたことがイメージ的に連動する。

海外で分散運用され、実態が把握し難い中国政府系ファンドの日本株運用は、売りに回っているとの観測が根強い。中国の外貨準備高は8月の939億ドルに続き、9月も433億ドル減少した。米債を処分しているとの噂は出ておらず、周辺から取り崩している可能性は十分考えられる。

〇個別銘柄狙い撃ち

来年度の減益見通し(17年1月期6-12%減益予想、アナリスト予想は4%増益だった)を発表した米ウォールマート株が27年ぶりとなる10%の急落。他の小売株にも波及し、好調なはずの個人消費に陰を落とすことになった。ディーリング収益が2割減の金融株も軟調。先月のVWやグレンコア以来、個別悪材料が狙い撃ちされるされる格好が目立つ。コアストックと言えども安心ができず、投資家の安全志向を強める結果となっている。

国内では、傾いたマンション(三井住友建設、三井不動産が販売)が旭化成建材に飛び火、三度目となる不正が明らかとなった東洋ゴムなど、個別企業の悪材料が後を絶たず、処分売りや空売りを招いていると思われる。

こうなると、来週から始まる3月決算企業の第2四半期決算にも厳しい目線が先行する恐れがある。通常、企業の前向きなニュースや政策シナリオとの綱引きに移行していく。政策が(世界的な政治混迷もあって)谷間的な局面にあることも影響していよう。強弱のバランス改善を注視したい。

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(10/15号)

<FA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。