マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】メディシノバ Research Memo(1):創薬ベンチャーで8つのプログラムの開発を進める

2015年10月22日 17:00

メディシノバ<4875>(MediciNova,Inc.)は、2000年に設立された米国本社の創薬ベンチャーで、東証JASDAQと米NASDAQに株式を上場している。現在は米国を中心に事業活動を行っており、主にMN-166(イブジラスト)、MN-001(タイペルカスト)の2つの低分子化合物、8つのプログラムの開発を進めている。将来的には開発品のライセンスアウトだけでなく、販売も行うグローバル製薬企業を目指している。

MN-166は進行型多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患のほか、覚せい剤依存症やアルコール依存症など薬物・嗜好品依存症の治療薬としての開発を進めている。現在はいずれもフェーズ2の段階で、国立衛生研究所(NIH)やその下部組織などから助成金を得て、医療施設と連携しながら治験を進めている。また、クラッベ病向け治療薬として、2015年6月にオーファンドラッグ指定を受けている。将来、同プログラムで新薬承認が得られれば、米国食品医薬品局(FDA)が発行する「優先審査バウチャー」を取得できる可能性が高い。同バウチャーは自由に売買でき、その価値は100~300億円とも言われているだけに、今後の動向が注目される。

一方、MN-001は、非アルコール性脂肪性肝炎(以下、NASH)適応では、現在フェーズ2の治験開始に向けた準備中、特発性肺線維症(以下、IPF)治療薬は、2015年10月にフェーズ2の治験を開始している。NASHではファストトラック指定を、IPFではファストトラック及びオーファンドラッグ指定を受けており、いずれも開発ニーズの高い治療薬として注目されている。特に、NASH治療薬はピーク時の市場規模が年間350〜400億ドルになるとの予測もあるだけに、要注目と言える。

当面の業績は赤字が続く見通しだ。2015年12月期は売上計上の予定がなく、営業損失で10百万ドル(前期は9百万ドルの損失)を見込んでいる。現在開発中の2つの化合物の治験が順調に進めば、フェーズ2の結果が出た段階でいずれかのライセンスアウト交渉を進める可能性があるものの、少なくとも2~3年は先になることが予想される。なお、資金繰りに関しては8月に米国で公募増資を実施し、約16百万ドルを調達している。8月末時点の現金及び現金同等物は約24百万ドルとみられ、約2年分の運転資金を確保したことになる。今後もエクイティファイナンスを中心に事業資金を調達していく方針と考える。

■Check Point
・上市まで進んだ開発品はないため開発フェーズの企業
・社会的ニーズの高い治療薬やオーファンドラッグの開発が中心
・赤字経営が続くが事業資金は株式市場からすべて調達している

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。