マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

適当でも勝てるのか? ポジションを持つタイミングや相場に入るタイミングについて

2015年11月18日 19:00

こんばんは。策太郎です。

ユーロ/ドルがいい感じで、下落トレンドに入っていそうですね。今回は「相場に入るとき、ポジションを持つタイミング」を過去の取引データから振り返ります。

株など金融商品全般で「いつ買うのか(または売るのか)」というのはいろいろな方法、理論が語られていますが、サラリーマンでも出来てしまうFXの取引方法の一例をご紹介します。

ポジションを持つタイミングは意外と適当?

ポジションを持つタイミングは私の場合、「その通貨がトレンドに入っているか否か」さえ見極められれば、入りたいときに入ればいいのかな、というのが率直な印象です。

ポジションを持ってから決済までが早い人(1日でポジションを基本的に決済するデイトレーダーやスキャルピングをする人)はこのような相場の入り方ではないかもしれませんが、相場に張り付いていられない私のようなサラリーマンは、ポジションを持つタイミングは細かく決めていなくてもいいのかな、という気がします。

大雑把に言えば、下記画像のオレンジ色の矢印の期間に、トレンドに沿ったポジションを持っていれば儲かる、といった考えなので、ポジションをいつ持つかを厳密に決める必要は、私の場合はないです。

sakutarou-2015-1118

このトレンド期間は人それぞれ異なると思います。とりあえず実際の取引例を見てみましょう。

2014年10月末の「黒田バズーカ2」のときのポジションを持ったタイミング

2014年10月末の「黒田バズーカ2」のときは、「ドル/円の上昇トレンドを確認」⇒「キリの良い120円までは上がりそう(115円まで上がったときがそうだったので)」⇒「120円の手前119円くらいで、欲を出さずに逃げておくか」という作戦で、相場に入りました。チャートで見ると、下記画像の時が入ろうと思った時です。

sakutarou-2015-1118-2

で、最終的には下記画像のような収支でした。チャート上に、収支のグラフ(緑色の部分)が表示されています。

sakutarou-2015-1118-3

2014年の12月2日くらいにドル/円は119円を突破したので、そこで勝ち逃げしました。結果的に121円まで上がりましたが、トレンドの最後まで追おうとする欲はあらかじめ排除して相場に入ったので、悔しいとかは思っていなかったはずです。

それと、上記画像は1本のAP注文ですが、「複数のAP注文を稼働させたら、もっと儲かったでしょ」と思い、次に取引し始めたユーロ/ドルからは3本の注文を稼働させるようにしました。
※AP注文に関しては下記記事をご覧ください。
【サラリーマン策太郎のおまかせFX】今年の1~3月で50万円くらい稼いだ取引方法

2015年1月からユーロ/ドルのポジションを持ったタイミング

ユーロ/ドルの下落トレンドは2014年の後半からじわじわと始まっていました。私が相場に入った時期は、結構遅い方だと思います。

sakutarou-2015-1118-4

1月に仕掛け始めて、3月ごろまでほったらかしでAP注文を稼働させていました。最終的には下記画像のような感じです。

sakutarou-2015-1118-5

上記画像も、自動で設定したとおりに取引してくれるAP注文1本(2万通貨)です。このときは3本(計5万通貨で)稼働させて、50万円くらいは稼ぎました。あれだけの下落トレンドだったので、もっとすごい額を儲けた人は世間にうじゃうじゃいるでしょうが、当時の私の資金50万円を考えると、上出来の成果かなと思います。

ポジションを持つタイミングより重要視していたこと

私の場合はポジションを持つタイミングを考えるよりも、「トレンド相場に入っているか否か」「勝ち逃げ時をいつにするか」を重要視していました。

巷で売られているような、チラ見するだけでクラっとくるようなFXの取引指南書では、「ポジションを持つタイミング」を重要視する本も多くある気がします。FXをこれから始めようとする人にとっては、ちょっと難しいのでは、と個人的に思っていました。それは分かりやすいトレンドが出ているとき以外でも、儲かるための方法を紹介しているからかな、と。

取引する人のそれぞれのライフスタイルにあった取引方法が存在すると思いますし、そのスタイルに合った取引ツールは各FX会社が頑張って作ってくれていると思います。

またトレンド相場に入っているときは、専門のニュースサイトや各FX会社のアナリストの人が教えてくれますし、大まかにその情報を知っていれば、儲かるチャンスはFX初心者でもあるはずです。かといって、いつでもトレンドがあるわけではないので、「毎月○○万円稼ぎたい」などと計画立てたい人には向いていないかもしれませんが……。

今回はトレンド相場に限っての話ですが、レンジ相場に関してもラクして儲けられる方法を模索中です。とりあえず「FXってそんなに難しく考えなくても始められそう」と思っていただけたら満足です。

それではまた来週。

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。