マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【スワッパー・ハギのFXけもの道】前へ出る男

2015年7月3日 19:00

まいったね、ど~~~~~~も。
こうまでリハーサル通りだと……

トルコリラは1週間で1円ぐらい下落した。ギリシャ危機で隣国のトルコも巻き添えを喰ったのだろうか。ともかく先週の予想通り為替差益45,000円は幻に終わったわけだ(まだ若干残っているが)。

だが、それがどうした!今週もスワップポイントがしっかり入っている。とりあえず3,800円ゲットォ~~~~! 「スワップポイントって何?」という人は外貨を持っているだけで付いてくる利子みたいなものだと思ってほしい。セントラル短資FXのFXダイレクトプラス口座なら1万トルコリラ/円を持っていれば1日122円程度口座に入ってくる(6/26時点)。

あと、爪に火を灯すような思いで貯めた40,000円をFX口座にぶち込んだ。
待っているばかりではないスワッパー・ハギ!ッッ
これで元本は840,000円だ。スワップポイント+貯金のダブル攻撃。刃牙&渋川剛気なみの強力コンビである(柳龍光には負けたけど)。

本音を明かせば、どうせ為替で負けるだろうから、貯金でカバーしてでも元本が増えたように見せたいだけだが……

元本840,000円にスワップポイント累計8,000円と前回利食った為替差益11,000円を加え、口座の時価は870,000円。まだプラスを保っている。時間がたてばたつほどスワップポイントと貯金で口座額は増えていくので、負ける可能性も下がっていくだろう。本当の戦いはこれからだ。

為替の話はそれくらいにして、今日はイチオシの漫画を紹介したい(おれもグラップラー刃牙だけを読んでいるわけじゃない)。『空気人形』や『自虐の詩』で有名な業田良家先生の『男の操』(再編集版)だ。
07031

内容は売れない演歌歌手・五木みさおと、それを支える女たちの群像劇。父の夢・紅白出場を叶えるためサクラを行う娘の「あわれ」、既に死んでいるが貞子ばりにVTRで登場しまくる妻の「純子」、事務所の社長「深情マリ」、そしてみさお一家が住む安アパートの隣人「万田さん」など、いい女たちが、それぞれの物語を懸命に生きる。

最初はほのぼのギャグ漫画の雰囲気だが、後半になって各キャラクターの想いや過去が明かされると一気に心臓を掴まれて、感動のあまり体液が枯れるほど咽び泣かされるので注意が必要だ。

『男の操』はもともと2006年に上下巻で刊行されたものだが、再編集版は描き下ろしのおまけエピソードもついて1巻にまとまっている。『空気人形』や『自虐の詩』のように、そのうち映画になるかもしれない。カネにまみれて汚くなった心もこの作品が洗い流してくれるだろう。

ええと、発行元は……小学館か、さすが一流出版社。いい仕事しますな~~~ゲヘへへ~~~宣伝したからギャラあげてくり~~~(本書を読み終えてなおこのクズっぷり)

【スワッパー・ハギ 今週の戦績 7/3(金)】
◆自己資金
840,000円(40,000円追加)
◆時価
870,000円(↑30,000円)
◆ポジション
トルコリラ/円 平均45円37銭で40,000保有
◆レバレッジ
2.1倍
◆スワップ累計
8,000円(端数切捨て)

スワッパー・ハギはセントラル短資FXのFXダイレクトプラス口座でトルコリラ/円を運用中。スワップポイントも高めなのでおススメだ。

【著者プロフィール】
スワッパー・ハギ
弱小出版社に勤めるデンジャラスライオン。FX歴10年。トルコリラ/円のレバレッジ3倍以下運用で真の護身を知らしめたい。

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。