マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part2:データHR、ワイヤレスG<など

2015年12月1日 7:32

銘柄名<コード>⇒11月30日終値⇒前日比

日本通信<9424> 341 -17
MVNOの規制緩和期待などで直近上昇も。

あすか製薬<4514> 1541 -16
不妊治療薬などへの期待で足元は強い動きだったが。

ヤマトHLDG<9064> 2354.0 -70.0
寄付きから売りが先行、海外投資家中心の需給要因か。

エスケイジャパン<7608> 599 -22
上値の重さも目立ち見切り売りが優勢か。

東邦チタ<5727> 1240 -42
販売単価下落による影響懸念が続く。

大阪チタ<5726> 3000 -75
東邦チタとともに単価下落による収益急拡大期待が後退で。

山崎製パン<2212> 2315 -56
内需株の一角には海外投資家の利食い売りも。

中国銀行<8382> 1707 -58
自己株式の市場買い付け終了で需給妙味後退。

サイバーAG<4751> 5190 -140
足元では強い動き目立ったが、戻り一巡感。

丸紅<8002> 682.0 -22.5
クレディ・スイス証券では投資判断を格下げ。

ヤマハ<7951> 3100 -105
先週末には、ゴールドマン・サックス証券が売り推奨を継続。

三井金属<5706> 238 -8
非鉄市況の下落に押される。

保土谷<4112> 237 -9
有機EL関連として連日で上昇の反動も。

マイクロニクス<6871> 1266 -8
東証1部指定替えで先週は強い動きとなったが。

コロプラ<3668> 2489 -66
MSCIリバランスによる売り需要が本日発生で。

博報堂DY<2433> 1322 -49
戻り売りが集まるなど需給面が影響か。

東芝<6502> 300.9 +8.6
原発事業などのIR前進を評価へ。

三菱UFJ<8306> 790.0 -13.5
銀行株は引き続き軟化、資本規制による株主還元期待低下などで。

シャープ<6753> 126 -6
30日はMSCIリバランスで売り需要発生。

商船三井<9104> 321 -10
UBS証券では投資判断を格下げ。

パイオニア<6773> 383 +2
運転支援システム開発、中国ベンチャーと協業とも伝わり。

JDI<6740> 375 -2
有機EL量産へと一部で報じられている。

ケミプロ化成<4960> 317 +75
引き続き有機EL関連として物色が続く。

大和<8247> 197 +13
今期最終益を3億円から11.5億円に増額。

データHR<3628> 1028 +150
財政健全化へデータヘルス活用と報じられる。

モブキャス<3664> 568 -38
スマホゲームのテレビCM開始で関心高まるが。

BBタワー<3776> 212 +14
今週にはメディア出演もあり関心高まる。

大和コン<3816> 1794 -236
15年8-10月期営業利益は14%減で着地。

日本ラッド<4736> 720 +87
サイバーセキュリティ関連として関心高く。

日ダイナミク<4783> 1664 -228
高速データ処理デバイスの製品化で材料出尽くし感。

倉元<5216> 408 +80
引き続き有機EL関連として物色向かう。

中村超硬<6166> 3380 +392
ダイヤモンドワイヤの需要拡大に期待高まる。

ブランジスタ<6176> 1850 +52
強い値動きが続いたが2000円水準では売り圧力強い。

ワイヤレスG<9419> 2240 +182
東証本則市場への市場変更を申請。

<SY>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。