マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】高木証券 Research Memo(8):上期業績は株安の影響で減収、純利益は投資有価証券売却益で増益

2015年12月1日 16:17

■決算概要

(3) 2016年3月期上期の概要

高木証券<8625>の2016年3月期上期の業績は、営業収益(売上高)が前年同期比19.7%減の2,962百万円、営業損失が620百万円(前年同期は135百万円の利益)、経常損失が476百万円(同285百万円の利益)、純利益が同39.0%増の670百万円と減収並びに営業損失に転落した。ただ、純利益については、投資有価証券の売却益により増益を確保した。

第1四半期では好調なスタートを切ったものの、第2四半期(特に8月中旬以降)に入ってからの世界的な連鎖株安の影響が業績の足を大きく引っ張った。特にトレーディング損益が33百万円の損失(前年同期は493百万円の利益)となったことが大きかった。また、受入手数料についても、株式を中心とした「委託手数料」が減少となった(ただし、投資信託の信託報酬による「その他」は堅調に推移)。費用面でも、人件費の圧縮等を図ったが、東京本部の移転に係る費用の増加が重荷となったようだ。

また、同社が中長期的な戦略として取り組んでいる預かり資産残高は、相場低迷の影響もあって342,552百万円(9月末)に縮小した。ただし、本格的な積み上げは、投信専門店「投信の窓口」によるコンサルティング営業が軌道に乗り始める来期(2017年3月期)以降となる見通しである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。