マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家夢見る父さん氏:「12月は好調」に変化?

2015年12月3日 13:33

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家夢見る父さん氏(ブログ「夢見る父さんのコツコツ投資日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2015年12月2日23時に執筆

市場にはいくつか格言があります。そのうちの一つが、「12月の株価は安く、逆に1月の株価は高い」というものでした。例えば大和証券の証券用語集の「アノマリー」(理論的で説明できない市場でのジンクスのようなもの)をみると、まっさきにこの格言が挙げられています 。

理由としては、節税のため損失を確定するための大口の売りがでるとか、長期休暇前でポジションをいったん閉じるためとか、いわれていました。

ところが、日経のヒストリカルデータの月次をさかのぼってみると、21世紀に入ってから、日経平均の12月の月始の始値と月末の終値を比べた騰落率は10勝4敗と圧勝。しかも、下がった年のうち、2007年、2011年、2014年の3回は微減にとどまっています。

2001年○
2002年●
2003年○
2004年○
2005年○
2006年○
2007年●
2008年○
2009年○
2010年○
2011年●
2012年○
2013年○
2014年●

つまり、かつては市場の常識だったことが、最近のデータではあてにならなくなったということです。理由はどうしてなのか、専門家でも正確なことはわからないでしょう。ただ、僕自身が納得しているのは、アメリカの投資のバイブルともいえる、「ウォール街のランダムウォーカー」の著者でプリンストン大教授の、バートン・マルキールさんの唱えている説です。

ざっくりいうと、一時的に有利な投資法が見つかっても、本当にそれが有利ならば、他の大勢の市場参加者がそれを真似して、結果的にその投資法は有利でなくなるということです。そう考えると、12月の株価が高いと変わってきても不思議ではありません。

このほか、ご祝儀相場を見越して、「年末の大納会で買って、年始の大発会で売れ」というやり方もあります。しかし、これも、過去2年はマイナスになっており、やはり、アノマリー通りにいかない感じですね。個人的には最近のアノマリーに加えて、日経平均が2万円を突破した勢いもあり、今年も12月は上昇相場になると思うのですが、アメリカの利上げも予想されますし、どうなることやら。自分自身は長期投資のバイ・アンド・ホールドを基本にしていますので、高みの見物をしながら年越しを迎える予定です。

インデックス投資に関心のある方は夢見る父さんのブログをごらんください。

----

執筆者名:夢見る父さん
ブログ名:夢見る父さんのコツコツ投資日記

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。