マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年新春号 注目記事

東芝問題など日本企業へ不信感あるが海外投資家が買う銘柄

2015年12月28日 7:00

中国発の株暴落で海外のヘッジファンドはそれまで好調なパフォーマンスだった日本株を売却し、結果、日本株は突出した下落を記録した。その後、外国人投資家は日本株にたいしてどのようなスタンスで臨んでいるのか。その動向について詳しいパルナッソス・インベストメント・ストラテジーズ代表取締役の宮島秀直氏が解説する。

* * *
ヘッジファンド勢は、ここに来て、売却した日本株の買い戻しを、少しずつ始めている。 そして、年初来、1兆円以上の日本株を買っていた、外国人投資家の今年のもう一方の主役である『グローバル・サステイナビリティ・ファンド』(日本の「企業価値向上ファンド」に相当する)の買いが、再開されたようだ。

これまで、外国人投資家が日本株を買ってきた大きな理由である、ここ1~2年続いた日本企業の株主還元に対する積極的な姿勢が、今年に入ってやや後退していた。自社株買いを実施する企業が順調には増加せず、ROE(株主資本利益率)の上昇も頭打ちが鮮明となっていたのである。

加えて、コーポレートガバナンスにおいても、日本企業に対する評価は厳しくなっている。東芝の不正会計問題に続いて、旭化成の関連会社の不祥事が起き、日本企業への不信感がくすぶっているのだ。

そのため、『グローバル・サステイナビリティ・ファンド』は、しばらく様子見スタンスをとっていたのだが、11 月に入って、徐々にではあるが動き始めている。

具体的には、村田製作所、ヤマハ、日東電工、日本電産、大和ハウス、シスメックス、キーエンスといった銘柄を買っているのだ。

これらの企業は、ROA(総資産利益率)が世界平均を大きく上回り、DE比率(総負債/普通株資本総額)が50%を割っているという、外国人投資家が好んで投資する優良株群。それが、直近の決算で、もともと高かったROEの上昇傾向が確認され、今後、株主還元の積極化が期待できる、というわけである。

ただし、日本株買いが復調したといっても、幅広く物色されているわけではなく、銘柄はかなり選別されている。株主還元、あるいは、コーポレートガバナンスといった面で、日本企業の中での差が広がりつつあるからだ。今後も、こうした選別物色が続こう。

こうした動きに追随して、外国年金による買いも回復しつつある。 外国年金の多くは、2012年第4四半期以降、「スマートベータ型ETF」を通じて、世界の株式を購入している。「スマートベータ」とは、世界の主要株式市場の株価指数を算出している会社が、新たに作成した指数のこと。その指数に連動するETFが、「スマートベータ型ETF」というわけである。

外国年金が日本株投資に用いている、日本株スマートベータ型ETFは、通信・電子部品・医薬品・ヘルスケア・生活必需品といったセクターを大幅にオーバーウェイトしている。今後、こうしたセクターの銘柄も要注目といえよう。

※マネーポスト2016年新春号

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。