マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国の天津爆発:日本企業の被害が続出、トヨタ従業員50人負傷

2015年8月17日 13:33

天津港湾部で12日夜起きた化学物質倉庫での大規模爆発に絡み、トヨタ自<7203>は14日に声明を発表し、現場周辺の社員寮に住んでいた現地従業員50人以上が負傷したことを明らかにした。死者は確認されていないという。
現場近くにある広汽豊田(広州汽車との合弁会社)と一汽豊田(第一汽車との合弁会社)のディーラー2店でも、ガラスが割れるなどの被害が出た。2店舗とも営業を停止している。このほか、一汽豊田の研究開発センターが損傷を受けた。合弁工場での生産を見合わせる方針。トヨタは16日、天津一汽豊田(第一汽車集団との合弁)の泰達工場、西青工場について、17~19日にかけて稼働停止すると発表した。20日以降に関しては、現地の状況を見極めながら改めて決める立場という。
トヨタの報道官はまた、爆発で一時保管していた完成車が廃車になったと明かしている。ただ被害の程度についてはコメントを控えた。負傷した従業員の数や、自動車や工場の損傷の程度など詳細についても、なお確認中だとしている。
17日付の盖世汽車網によると、日本企業ではこのほか、富士重<7270>のスバル車100台以上が割れたガラスで損傷。マツダ<7261>も日本からの輸入車50台が損傷を受けた。事故現場付近に店を構えるマツダのディーラーは、13日から営業を停止している。
中国に流通する輸入車は、その約40%が天津港を経由。その規模は2014年に50万台を超え、金額にして3724億人民元(約7兆2000億円)に上った。今回の大規模爆発によって損傷を受けた輸入車は、天津港全体で少なくとも1万台に達したと試算されている。1台当たりの平均販売価格を35万人民元とすると、直接的な経済損失は40億人民元に上った計算だ。
天津市浜海新区で12日午後11時ごろ、大きな爆発が発生。犠牲者の数は16日早朝の時点で112人に拡大した。そのうち24人の身元が判明している。このほか消防隊員85人を含む95人が行方不明となっている。現場は浜海新区天津港7号ゲートに位置する天津港国際物流中心区の一角。天津港瑞海国際物流公司の倉庫に保管されていた可燃性化学品が突然爆発した。周囲一帯が黒雲に覆われ、消火作業中に2回目の大規模な爆発が起きている。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。