マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:鉄鋼業界の負債総額53.5兆円、設備稼働率70%未満に低迷

2016年1月20日 13:38

これまでの過剰投資が裏目に出る形で、中国の鉄鋼業界が深刻な不況に喘いでいる。
需給バランスの悪化と、それに伴う市況低迷が響く。指標の鋼材総合価格指数は、過
去5年で6割も下落した。しかしまだ底値は見えていない。鉄鋼業界の不況は、今後も
持続する可能性が濃厚という。証券時報などが20日付で伝えた。
鉄鋼業界の抱える負債の総額は、足元で3兆人民元(約53兆5000億円)の大台を突
破。各社平均の負債比率は70%まで悪化した。上場企業のなかでも、すでに八一鋼鉄
(600581/SH)は、上場鉄鋼企業34社のうち唯一、負債比率が100%を超えている。新
彊ウイグル自治区を本拠とする同社は、沿海部などの需要地と離れている点を指摘。
同業他社よりも輸送コストが多くかかるため、厳しい経営環境が続いていると経営不
振の理由を釈明した。2015年9月末の時点で、上場鉄鋼34社の負債比率は平均64%。
うち八一鋼鉄を含めた17社が70%を超過した。
ただ、大手企業が経営破たんに陥る例は極めて少ない。雇用や税収などの各面
で、地元政府に貢献しているためだ。赤字体質のいわゆる“ゾンビ企業”にも補助金
を与えることで、生産活動を続行させている。34社に対する年間の政府補助額は、12
年が36億2000万人民元、13年が22億8000万人民元、14年が37億7000万人民元に達し
た。15年に関しても、すでに1~9月累計だけで23億2000万人民元が支給されている。
上場鉄鋼企業の資金はひっ迫傾向にある。合算の買掛金は、10年が1200億人民
元、11年が1353億人民元、12年が1564億人民元、13年が2048億人民元、14年が2105億
人民元、2015年9月が2052億人民元に膨らんだ。
中国鋼鉄工業協会の集計によると、大中型鋼鉄企業の1~10月損失額は、全体で
386億人民元。主要業務損失に限ると、720億人民元(約1兆2800億円)に膨らんだ。
集計対象となった101社のうち、48社(47.5%)が損失を計上した。平均販売利潤率
はマイナス1.5%となっている。
こうしたなかでも、過剰生産能力の解消は進んでいないのが実情。中国全体の粗
鋼年産能力は11億5000万トンに上るのに対し、生産量は8億トンにとどまる。設備稼
働率も70%未満と低い。専門家によると、能力2億トン相当を廃棄・淘汰すること
で、設備稼働率を正常レベルの約80%に改善させることが可能という。
すでに鉄鋼資産を分離する動きも、一部に出てきた。中国港中旅集団は昨年12月7
日、保有する唐山国豊鋼鉄有限公司の権益58.49%、唐山達豊焦化有限公司の権益
35.09%をすべて売却すると予告。近く河北省の国有資産監督管理委員会に譲渡する
と発表した。鉄鋼景気の悪化に対処し、中央企業(中央政府直属の国有企業)で初め
て撤退する。1993年に設立された唐山国豊鋼鉄の年産能力は鉄鋼で850万トン、鋼材
で120万トン。1万4000人の従業員を抱える。唐山達豊焦化は鉄鋼生産時に用いるコー
クスの生産企業。
このほか開源控股、五鉱発展、創興資源が鉄鋼資産の売却を決めている。経営の
効率化が各社の目的だ。うち開源控股の主力業務は現在、香港とパリでのホテル経営
となっている。赤字を流出する不良資産をはく離する狙いだ。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。