マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株マニア氏:株価の急落でひと財産失った時の精神状態は?

2016年1月26日 12:20

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株マニア氏(ブログ「株マニア~素人の投資生活実況中継~」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2015年1月23日15時に執筆

先週21日(木)には日経平均株価が16000円割れ直前にまで下がり、約3週間で3000円下げるという異常事態となりました。
バブル崩壊もリーマンショックも経験の無い私には初の体験ばかりで、とにかく我慢して見守るだけでした。
大口の売りがさらなる売りを呼んで割安だとわかっていても手を出せない・・・・
そんな状況だったかと思います。

私も例外なく大きな損失を生んだわけです。
ここまでくると、「もうどうにでもなれ」というある意味で投げやりな感情も出てきて、普段はケチな私でも金銭感覚がマヒするような状況でした。
株とは改めて怖いものだと感じましたし、欲を出さずに売れるときは売っておくことも時には必要だと思いました。

その後、22日(金)に大きく上昇して反転へのきっかけができたわけですが、今週は回復の軌道に乗れるかどうか大事な週になりそうです。
12月期の決算発表がピークを迎えますし、日米で金融政策会議が行われます。

日本では追加の金融緩和が行われるのではないかと言われています。
追加緩和が行われると、確かに一時的には株価が上昇するかもしれませんが、個人的にはできれば追加緩和をやってほしくないです。
まだ日本国内の経済状況は悪くないので、これからもし本当に必要になった時の為に、現時点では追加緩和をするべきではないと思っています。

はなしが少しずれましたが、このように今週は様々なイベントを通過しながら回復基調を作れるか注意して見ていきたいと思います。

個人的には原油安も世界同時株安を受けた警戒感から生まれたもので、
原油安→株安→さらなる原油安→さらなる株安・・・・
先週末のこの悪循環がひと段落したことで、落ち着いてくるのではと思っています。
私のブログを見てくださっている方からの情報によると、ある証券会社の担当者から連絡が来て「金曜日で底を打った」と話していたそうなので、たぶん大丈夫だと思います(笑)

そんな感じで今後株価が回復するという期待を込めて、私自身の所有している銘柄をひとつ紹介させていただきたいと思います。

日本アセットマーケティング<8922>
この会社はドンキホーテホールディングス<7532>の連結子会社です。
主に所有物件をドンキに対して賃貸・管理しているので、外部に左右されない超がつくくらいの安定した事業をしています。
去年の今頃は150~160円をつけていたのに、先週末(22日)現在94円と、今期も増益を見込んでいて業績も悪くないのにこの売られかたです。
今後も安定的な収益を見込めるので、急落で下げた今こそタイミングとしては良いような気がします。

ここまで売らずに我慢してきたことが良かったと思えるような動きになる週になることを願っております。

----

執筆者名:株マニア
ブログ名:株マニア~素人の投資生活実況中継~

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。