マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】19日の米国市場ダイジェスト:ダウは21ドル安、原油相場の上昇に懐疑的な見方広がる

2016年2月20日 8:26

■NY株式:ダウは21ドル安、原油相場の上昇に懐疑的な見方広がる

NYダウ       ナスダック
終値 :16391.99  終値 :4504.43
前日比:-21.44    前日比:+16.89
始値 :16410.96  始値 :4464.67
高値 :16410.96  高値 :4513.15
安値 :16278.00  安値 :4455.10

19日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は21.44ドル安の16391.99、ナスダックは16.89ポイント高の4504.43で取引を終了した。世界経済への先行き懸念が高まる中、アジア・欧州株が軟調となり、売りが先行。前日に原油在庫の増加が報じられ、主要産油国による増産凍結が価格上昇に繋がるか懐疑的な見方が広がったことで原油相場が下落し、上値の重い展開となった。1月消費者物価指数は予想を上振れたが、相場への影響は限定的だった。セクター別では、小売や食品・生活必需品小売が上昇する一方で自動車・自動車部品や素材が下落した。

百貨店のノードストローム(JWN)は決算内容が軟調となったほか、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が同社格付けを引き下げたことが嫌気され下落。農業機械のディア(DE)は通期の業績見通しを下方修正し、軟調推移。一方で、半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)は決算内容が好感され、上昇。半導体のクアルコム(QCOM)は中国PCメーカーのレノボ・グループとライセンス契約を締結したが、小動きとなった。

携帯端末のアップル(AAPL)は、テロ容疑者が使用していたiPhoneのロック解除を巡る捜査当局の要請を拒否したことで、一部批判を受けているが株価は前日終値を挟んで揉み合う展開となった。また、短文投稿サイトのツイッター(TWTR)やソーシャル・ネットワークのフェイスブック(FB)は、アップルの方針に支持を表明している。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:ドル・円は112円57銭、原油価格の下落を警戒、リスクオフ

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円21銭へ強含んだ後、112円31銭へ反落し112円57銭で引けた。米国の1月消費者物価指数(CPI)の上昇、メスター米クリーブランド連銀総裁の利上げを支持する発言を受けて、ドル買いが一時優勢となった。しかし、その後は、原油価格の下落を警戒したリスク回避の円買いが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1067ドルまで下落後、1.1137ドルへ上昇し1.1130ドルで引けた。予想を下回ったユーロ圏2月消費者信頼感指数速報値を受けて、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測が強まった。ユーロ・円は、125円53銭から125円02銭へ下落。リスク回避の円買いが優勢となった。ポンド・ドルは、1.4247ドルへ下落後、1.4409ドルへ上昇。EU離脱回避のために英国が求めていた改革案をEUが合意したため、英国のEU離脱懸念が後退、買い戻しが加速した。ドル・スイスは、0.9950フランから0.9888フランへ下落した。

■NY原油:反落で29.64ドル、改めて米在庫増を材料に売りが先行

NY原油は反落(NYMEX原油3月限終値:29.64↓1.13)。29.05ドルまで下落した後、いったん30.19ドルまで上昇した。前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、原油在庫が増加し、記録的な積み上がりになったことが改めて注目され、原油の売りが先行したとの見方。

その後、終盤に米ベーカー・ヒューズ社が国内の石油掘削装置(リグ)稼働数を発表。稼働中リグが前週比26基減の413基となり、9週連続かつ大幅な減少だったことで、原油の買い戻しが一時優勢になったもよう。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  12.12ドル -0.105ドル(-0.98%)
モルガン・スタンレー(MS) 23.98ドル +0.015ドル(+0.06%)
ゴールドマン・サックス(GS)146.75ドル -0.980ドル(-0.66%)
インテル(INTC)      28.71ドル -0.710ドル(-2.41%)
アップル(AAPL)      96.04ドル -0.220ドル(-0.23%)
アルファベット(GOOG)   700.91ドル +3.560ドル(+0.51%)
フェイスブック(FB)    104.57ドル +1.100ドル(+1.06%)
キャタピラー(CAT)     65.40ドル -0.720ドル(-1.09%)
アルコア(AA)       7.87ドル -0.250ドル(-3.08%)
ウォルマート(WMT)     64.67ドル +0.550ドル(+0.86%)
スプリント(S)       2.93ドル -0.155ドル(-5.03%)

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。