マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】中国が米国債を売却開始?米利上げXデーに影響も

2015年8月28日 8:22

統計によると、中国政府が人民元の為替レートの安定を維持するため、直近2週で1000億米ドル以上の米国債を売却したという。これは今年上期の売却量に相当する。

専門家は、中国が保有する米国債を全売却する可能性が低いと指摘。ただ、新興国が中国に追随した場合、米国債の利回りの急上昇につながる恐れがあると警告した。マレーシアの通貨リンギットや台湾ドル、シンガポールドル、インドネシアの通貨ルピアなど新興国通貨の同時安が進行していることが背景にある。

また、人民元の実質切り下げや原油など商品相場の下落、米早期利上げ観測が新興国通貨の下落圧力を強めている。自国通貨の下落を食い止めるため、米ドル建て外貨準備や米国債を売却することが考えられると指摘された。

シティバンクは、米国内総生産(GDP)の1%に相当する外貨準備が売られた場合、10年米国債利回りの15-35bp(ベーシスポイント)の上昇につながると試算。新興国と先進国が合わせて計5兆4910億米ドル相当の外貨準備を保有している。その10%が減らされた場合、米GDPの3.07%に相当し、10年米国債利回りは108bpの上昇につながると計算した。

新興国からの資金流出が一段と加速した場合、外貨準備を減らして自国通貨の安定維持を優先させることが考えられるため、これが米不動産市場、米利上げ時期に影響すると分析された。また、新興国が一斉に行動した場合、米利下げ時期が先送りされる可能性も否定できないと指摘された。

<ZN>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。