マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】10日の米国市場ダイジェスト:ダウは5ドル安、ドラギ総裁の発言受け下げに転じる

2016年3月11日 7:31

■NY株式:ダウは5ドル安、ドラギ総裁の発言受け下げに転じる

NYダウ       ナスダック
終値 :16995.13  終値 :4662.16
前日比:-5.23   前日比:-12.22
始値 :17006.05  始値 :4691.20
高値 :17130.11  高値 :4716.14
安値 :16821.86  安値 :4607.99

10日の米国株式相場は下落。ダウ平均は5.23ドル安の16995.13、ナスダックは12.22ポイント安の4662.16で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)が追加緩和策を発表し、買いが先行。ドラギECB総裁が更なる金融緩和を想定していないと発言したことや、軟調な原油相場が嫌気され、午後にかけて上げ幅を縮小し下落に転じた。引けにかけて緩やかに下げ幅を縮小したものの、上値の重い展開となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置や小売が上昇する一方で食品・生活必需品小売やメディアが下落した。

短文投稿サイトのツイッター(TWTR)は社員流出を防ぐため、一部社員に株式やボーナスを拡大していることが報じられ、下落。検索サイトのヤフー(YHOO)は社外取締役2名の追加を発表したが軟調推移。ファストフードのチポトレ・メキシカン・グリル(CMG)は昨日に従業員数名の体調不良を受けて閉鎖していた店舗の消毒を完了したものの、売られた。一方で、ディスカウントストアのダラー・ゼネラル(DG)は決算内容や増配が好感され上昇した。

証券取引所のナスダックはドイツ取引所傘下のインターナショナル・セキュリティーズ取引所(ISE)を11億ドルで買収合意した。ISEは3つのオプション市場を運営しており、ナスダックは米国のオプション市場で最大規模となる。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:ドル・円は113円22銭、ドラギECBバズーカも利下げ打ち止め観測でユーロ乱高下

10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円45銭へ上昇後、112円61銭まで下落し113円22銭で引けた。欧州中央銀行(ECB)が決定した期待以上の追加緩和を好感したリスク選好の円売り、ドル買いが加速。その後、ドラギ総裁が会見で現状では追加利下げを予想していないとの見通しを示したこと、原油価格の下落を嫌気しリスク回避の動きに転じた。石油輸出国機構(OPEC)加盟国のイランがまだ参加の意向を示していないとの報道を受け、生産量凍結に関するOPEC加盟国と非加盟国の会合への期待が後退。

ユーロ・ドルは、1.0822ドルへ下落後、1.1218ドルへ反発し1.1180ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で期待を上回る規模の追加緩和策を発表したためユーロ売りに拍車がかかった。しかし、ドラギECB総裁が利下げ打ち止めを示唆したため欧州債券利回り上昇に伴うユーロの買戻しが加速。ユーロ・円は、123円73銭から126円77銭へ上昇した。ポンド・ドルは、1.4118ドルへ下落後、1.4317ドルへ上昇した。ドル・スイスは、1.0093フランへ上昇後、0.9810フランへ下落した。ECBの利下げ打ち止め観測に追加利下げ観測が後退。

■NY原油:反落で37.84ドル、増産凍結の会合開催への不透明感から売りの見方

NY原油は反落(NYMEX原油4月限終値:37.84↓0.45)。38.38ドルから37.21ドルまで下落した。「産油国が20日にモスクワで増産凍結を協議」との観測に対し、イランの姿勢が不明確として開催は困難との見方が伝えられたことで、原油の供給過剰感の解消期待が後退し、売りが強まった。

また、前日発表の米エネルギー情報局(EIA)週報でのガソリン在庫大幅減は季節的なものとの見方。米国の製油所のメンテナンス期間が在庫水準の押し上げにつながるとの指摘などもみられ、売り材料になったもよう。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  13.28ドル +0.140ドル(+1.07%)
モルガン・スタンレー(MS) 24.65ドル +0.040ドル(+0.16%)
ゴールドマン・サックス(GS)150.95ドル +1.040ドル(+0.69%)
インテル(INTC)      31.25ドル +0.385ドル(+1.25%)
アップル(AAPL)      101.17ドル +0.050ドル(+0.05%)
アルファベット(GOOG)   732.17ドル +6.760ドル(+0.93%)
フェイスブック(FB)    107.32ドル -0.190ドル(-0.18%)
キャタピラー(CAT)     71.36ドル -0.510ドル(-0.71%)
アルコア(AA)       9.59ドル +0.170ドル(+1.80%)
ウォルマート(WMT)     67.39ドル -0.140ドル(-0.21%)
スプリント(S)       3.73ドル -0.230ドル(-5.81%)

<NO>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。