マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】あいHD Research Memo(9):業界初の本格的なフルカラーラベル専用プリンタ

2016年3月25日 17:12

■中長期展望

(3)ラベルプリンタ事業を開始

記述のようにあい ホールディングス<3076>は今期からラベルプリンタ事業に本格参入している。この製品は、電子写真方式を用いたフルカラープリンタ技術と、業界トップメーカーとして長年培ってきたカッティングプロッタのカッティング技術を融合させた、業界初の本格的なフルカラーラベル専用プリンタである。以下はその製品概要である。グラフテックが担当し、セグメントとしては「情報機器」に含まれる。

●製品概要
ラベルデータ作成(デザイン)、高速印刷、ラミネート加工、フリーカット、カス仕上げ、再巻上げを一貫して行う「All in One」のラベル作成システム。価格はフルセットで400万円程度。以下のような特長がある。
□納期短縮:データ作成から印刷、加工までを一貫して行うことで納期短縮が可能。
□抜群の保存性:顔料トナーの採用によりラベルの保存性に優れる。(特にGHS向け)
□導入コストの低減:他社システムに比べて大幅な低コスト化を実現
□サポート体制の充実:万全なサポート体制が整備されている。

●ターゲット市場と販売目標
この製品は各方面で利用が可能だが、同社では主に「GHSラベル市場」をメインターゲットとしている。GHSとは、「Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals」の略で、国際的に推奨されている化学品の危険有害性の分類・表示方法。すべての化学品に対して、その内容や危険有害性をラベル等で伝達することが義務付けられている。日本では既に法制化されており、米国やEUでも2015年には導入が完了している。

GHSラベルにおいては、対象が化学品であることから、多少の水や薬品がかかってもラベルの内容(文字等)が消えないこと(保存性)が重要であり、同社のプリンタには最適の市場と言える。主に国内と米国でのGHS市場をターゲットとして、当初は5年後の2020年6月期に売上金額で200億円、累計販売台数で10,000台を計画していた。しかし実際に2015年8月に米国市場で販売を開始した後に、ラベル印刷後の印字品質や印字の安定性に課題があることが発覚し、これらの改善を進めるため現在では出荷を一時的にストップしている。同社の「上市するからにはベストな製品を出したい」との方針からであり、本格出荷の再開は今期の第4四半期になる見込みで、本格的な業績寄与は来期(2017年6月期)からとなりそうだが、計画が1年後ズレするだけのことであり、長期的な傾向は変わらない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<HN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。