マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ブッダ氏:4月1日、民泊解禁で上がるか

2016年3月26日 17:47

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ブッダ氏(ブログ「ブッダの株ブログ」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年3月25日18時30分に執筆
From:ブッダ
日本橋のスタバより、、

4月1日、ついに民泊が事実上の解禁となる。

2016年2月、政府は外国人観光客に自宅などの空き部屋を貸し出す「民泊」の検討会を開き、ワンルームマンションの広さでも宿泊事業ができるよう政令を緩和して、4月1日から民泊を事実上解禁する方針を示した。

この民泊に関し、これまで旅館業法の「簡易宿所」の営業許可の基準にもとづいて、客室の面積の条件や、受付の機能などが議論されてきたが、この議論の内容に対して動きが早い情報通の投資家たちから注目が集まっていた。

民泊が事実上解禁されることで、投資家の関心が民泊に集中し、関連銘柄の株価上昇が予想されることから、今、情報収集を進めておくことは非常に重要だ。

そこで今回は、注目の民泊関連銘柄を解説する。

■注目の民泊関連銘柄

◆<1435>インベスターズクラウド
インベスターズクラウドは、アパート投資のトータルウェブサービス「TATERU」に強みがある民泊関連銘柄だ。
2016年3月14日に「tateru bnb」をリリースし、今後、日本の民泊基準を満たした物件を保有するオーナーを対象とした民泊の運営・運用に関わる業務をトータルで代行していく。物件を各行政に確認するなど細かいサービスなども行う予定で、合法物件のみの取り扱いをすることで信頼性を高め利用者の拡大を見込む。
インベスターズクラウドは、今期の過去最高純利益更新を予定している中、既存事業の成長に加え、民泊事業が本格的に稼働すれば増益の勢いは続きそうだ。 将来性が高く長期保有したい本命の民泊関連銘柄だ。

◆<2120>ネクスト
不動産情報サイトHOME'Sで有名なネクストも、民泊の普及に向けてビジネスチャンスを期待視されている民泊関連銘柄だ。
ネクストは後付型スマートロック端末「Akerun」を提供するフォトシンスと、不動産内覧時にスマートキー(携帯電話がキー代わりになる)の運用を開始している。このスマートキーで鍵の受け渡しがスムーズにできるようになると、ネクストの民泊サービスは利用者により一層浸透していくことが予想され、株価好調を維持する材料になる。
空き家の増加が見込まれる市場環境の中、加盟店数や掲載物件数拡大により、業績は右肩上がりだ。上昇余地が十分あるネクストは、優良な民泊関連銘柄だ。

◆<3236>プロパスト
プロパストは、デザイナーズマンションに強みがある民泊関連銘柄だ。
2015年9月25日にシノケングループ<8909>との資本・業務提携を発表しており、連携して民泊対応型サービスの提供を行う。プロパストのデザイン力や企画力を活かした付加価値の高い民泊対応型マンションの開発を進めバリューアップ業務を推進するという。
プロパストは足元の業績も好調 であり、資本金を着実に増やしている堅実な企業だ。民泊関連事業参入によりこれまでを上回る業績が期待できる銘柄だろう。

■民泊関連銘柄に注目する理由

近年、外国人旅行者の増加により、首都圏を中心に宿泊施設の稼働率は伸びる一方、宿泊施設不足が深刻な問題となっている。一方で、人口の減少や少子高齢化の進展により空き家が増加しており、社会問題に発展している。

政府もこの状況を深刻に捉え、民泊を事実上解禁する。こうした流れから投資家の間で注目されているのが、民泊だ。

今後、戸建やマンション、アパート、ビルなどを対象に、民泊に対応する物件の導入が進めば、民泊関連事業に参入する企業の増加や、関連銘柄の株価上昇が期待される。

では、いかにして民泊関連銘柄で利益を上げるか?それには、自分が企業動向や市場の内実を理解できる企業に絞って投資を検討することだと、個人的には考えている。

投資の神と言われるウォーレン・バフェット氏の投資哲学である「自分が理解できる事業内容を行っている企業に投資する」ということを意識しつつ、自分自身も、まずは民泊関連銘柄を学んでいくつもりだ。民泊関連銘柄についてはまだ書き足りないことも多いが、誌面の都合上これぐらいで止め、民泊関連銘柄を共に学ぶ同志のために詳細をブログにまとめておく。

その他、現在最新の注目テーマ株、個人的に注目している個別銘柄情報をブログで多数紹介している。急騰が期待される民泊関連銘柄、ブロックチェーン関連銘柄、太陽光発電関連銘柄、LINE関連銘柄、仮想通貨関連銘柄、ビットコイン関連銘柄、バイオ関連銘柄、5G関連銘柄、AR関連銘柄、人工知能関連銘柄、自動運転車関連銘柄、フィンテック関連銘柄、ドローン関連銘柄、マイナンバー関連銘柄、宇宙開発関連銘柄、ロボット関連銘柄、TPP関連銘柄、IoT関連銘柄、ZMP関連銘柄、郵政関連銘柄、インバウンド関連銘柄などに関する持論を書いている。
グーグルやヤフーの検索エンジンで「ブッダの株ブログ」と検索して、今後の銘柄選定に役立てて欲しい。

----

執筆者名:ブッダ
ブログ名:ブッダの株ブログ

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。