マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

110円の壁崩壊!? ドル/円はトレンド突入で、久々の快勝

2016年4月6日 19:00

こんばんは。策太郎です。

ドル/円の下落がとうとう始まりましたね。110円を瞬間的に割り、今後さらなる下落が見込まれます。先週の結果を見ていきましょう。

ユーロ/円、ユーロ/ドルの取引は1週間で7万の実現損益!

先週はユーロ/円とユーロ/ドルでやっと稼げました。

sakutarou-20160406

ドル/円は下がってくれたので、ユーロ/円も下落し、今まで我慢していたポジションが利益を出してくれました。含み損も50万円台まで減っています(含み損のほとんどが、122円台のユーロ/円売りポジション8万通貨×2です……)。

ユーロ/ドルが少し上がってくれたので、ユーロ/ドルの方でも稼ぎが出ています。ユーロ/ドルは1.5万通貨の買いポジション(利食い50pips)を50pipsおきに6個仕掛けています。

sakutarou-20160406-2

3月下旬のドル/円下落(円に対してドル安)とユーロ/ドルの上昇(ユーロに対してドル安)は、どちらもドル安が牽引していた相場ですが、4月に入りドル/円の下落の方が顕著になってきています。

ドル/円とユーロ/ドルという世界的にも取引高が多い通貨のシンクロした動きは一旦終わり、ドル/円だけで目先は大きく動きそうな感じです。

ドル/円はどちらかというと、下落の方がしやすそうなので、ドル高の振れるようなこと(例えばFOMCメンバーからの利上げ発言)が出ようとも、たいして上昇はしないでしょう。

ドル/円でばら撒き作戦をやれば面白い?

ドル/円は節目となる110円割れが現実的になってきています。日銀の介入が懸念されるため、ドル/円は取引していなかったのですが、安倍首相は4/5米紙のインタビューで通貨安競争は避けねばらない、との介入後退ともとれる発言をしています。

介入の心配が少しはなくなるのなら、ドル/円でばら撒き作戦を実行しても、大きな痛手はなさそうです。トライオートFXで今後もガンガン攻めていきます。
■1週間で30万円獲得!ドル/円、ユーロ/円のばら撒き作戦が成功!
http://www.moneypost.jp/38534

ちなみに黒田防衛ラインとも呼ばれた115円の節目はもみ合いながらも、あっさり抜けています。

ドル/円4時間足のチャート

ドル/円4時間足のチャート

110円の攻防を巡り、日本のアナリストたちの予想は分かれています。株式や債券、実需などさまざまな要因でドル/円相場の今後は語られていますが、結局「ドル/円買いのロスカット」が大きく起これば、それが下落のトリガーとなり、そんな経済的要因など関係なく相場は勝手に動いてしまうでしょう。難しく考えず、目の前の相場を見ていた方が取引はしやすいです。

1~2円の反発を覚悟のもと、ばら撒き作戦で攻めてみようか検討します。間違ってもドル/円で買いを入れてはいけない相場だと思います。

それではまた来週。

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。