マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ゆりぴょん氏:日銀金融政策決定会合までは様子見相場か?

2016年4月11日 16:28

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ゆりぴょん氏(ブログ「お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年4月10日23時 に執筆

こんにちは!フィスコソーシャルレポーターゆりぴょんです。
先週は加速する円高の影響で日経平均がアベノミクス相場スタート後で初の7日続落となってしまいました。週の後半2日は反発しましたが、まだまだ上値の重そうな日本市場を前に、NHKの朝ドラヒロインの口癖を真似て「どうしたもんじゃろのぅ」とつぶやきたくなる日々です。(このネタ分からない方すいません!)

7日続落後は上値は重いながらさすがに下げ過ぎた感も強く、下げ止まりの兆しは見えています。
だからといって大きく反発する要素もなく、日銀の会合までにはまだ日数もある事から今週も為替の値動きにつられて株価が上げ下げする日々になりそうです。

株価はだいぶ安い水準にはあると思いますが、まだ本格的に買いに向かうには危険ですし、騰落レシオも90台と思ったほど落ちていません。1月、2月には何度も50台にタッチしていたことを思うと、もう少し株価の下値余地はあるような気がします。

じゃぁ、今週はどうするべきかと考えた場合、私は基本様子見!
買うとしたら大した理由もなく下げている株を短期狙いで買う。
あとは先週も書きましたが4月~6月あたりの優待銘柄の監視。

以上の作戦で挑みたいと思っています。

あと、気になる銘柄が2つほどあるので最後にご紹介。

アステラス製薬<4503>。
医薬品国内2位の優良企業ながら株価は年初来安値を更新中です。
円高がリスクになるとも思えませんし、どちらかというとディフェンシブ銘柄だと思うのですが、株価の下落がなかなか止まりません。
そんな中、化血研からの事業譲受に向けた協議のニュースが出ました。
不正製造問題で業務停止中の化血研が関わってくるのはどうなんだろうと不安もありましたが、発表後は株価が上昇に転じているので事業を受け継ぐ事に関してはポジティブに受け止められているのかもしれません。
アステラスは優待株でもテーマ株でもないですし、同じ医薬品関連でもそーせい<4565>やアンジェス<4563>などのバイオ関連銘柄みたいな派手な動きはなさそうですが、化血研からの譲渡がすんなり進めば、今後の株価に期待が持てそうです。

あとは4月7日の引け後に上方修正と増配を発表した、SFPダイニング<3198>。
発表翌日に株価は大きく上昇しました。
1部昇格期待もありながら、なかなか昇格の発表もなく諦めムードで株価が下がっていましたが、ここでまた注目が集まり、優待月の8月に向かって優待拡充、昇格期待が再燃するかもしれません。
ちなみに決算は4月13日ですが、事前に上方修正をしていることから当日のサプライズはあまり期待していません。保有株なのでサプライズがあったら嬉しいですが(笑)

というわけで、今週も読めない相場が続きそうですし、上か下かどっちにも跳ねる可能性がありそうですが、無理せず、慎重にがんばっていきましょう!

----

執筆者名:ゆりぴょん
ブログ名:お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。