マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】保土谷、小野薬品、北興化学など

2016年4月14日 16:50

<7581> サイゼリヤ 2089 -199下げきつい。前日に上半期の決算を発表している。営業利益は32.2億円で前年同期比35%増益、従来計画線上での着地となった。通期予想は据え置き。ここまでの月次動向からは上振れ期待もあったと見られ、計画線上での着地に失望感も先行へ。中国などアジア事業の苦戦が足を引っ張る形になっているようだ。

<9022> JR東海 19975 +1110買い優勢。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も23100円から24000円に引き上げている。東海道新幹線の旅客収入はJR各社のなかで相対的に底堅い推移が期待されること、東海道新幹線の堅調な収入継続やリニアの建設受注進捗によってリニアリスクが減退することなどを背景に、バリュエーションは切り上がって行くと考えているようだ。JR3社内でのトップピックとして位置付け。

<7599.T> ガリバー 1184 -175下落率トップ。前日に前2月期の決算を発表している。営業利益は75.4億円で前期比41.6%増益、従来予想の82億円を下振れる着地になった。今期は108億円で同43.2%の大幅増益見通し、コンセンサスもやや上回る水準であるものの、株価が上昇していたこともあり、短期的な出尽し感が先行する形になっている。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、年初来の月次販売トレンドの良化、中期的な収益成長は織り込んだとの判断。

<4112> 保土谷 216 +20賑わう。LGエレクトロニクスでは昨日、5種類の有機ELテレビの新製品を発表している。アップルでも早ければ2017年に有機ELパネルをiPhoneに採用する方針とされており、関連メーカーが雪崩を打って事業化に動き出しているとされている。有機EL市場の拡大期待があらためて高まる格好になっており、関連の材料株と位置づけられている同社への関心が高まる格好に。

<5411> JFEHD 1771.5 +96.5買い優勢。クレディ・スイス証券では、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も1500円から1900円に引き上げている。OECD が発表した2月のアジア主要5ヵ国の景気先行指数は2009年以来の大幅な改善となり、とりわけ、中国は2013年8月以来の回復となって転換点を迎えた可能性があると指摘している。こうしたアジア経済の回復に加え、米ドル安や中国の供給削減期待などからアジアの鉄鋼市況は急回復し、同社の輸出スプレッドも大きく改善する可能性が高いとみているもよう。

<9104> 商船三井 263 +12しっかり。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「アンダーウェイト」から「オーバーウェイト」に、一気に2段階格上げしている。目標株価は260円としているもよう。海運セクター全般的に、コンテナ・ドライの船腹稼働率の改善は2017年度と想定され、強気転換は時期尚早としている。こうしたなか、同社は合理化効果に伴う2016年度の増益額が最も大きいとみられるほか、船腹供給量の鈍化基調が予想されるドライバルク依存度の高さなども支援と。

<4528> 小野薬品 5466 -256大幅反落。景気敏感株への資金シフトを背景に、これまで買い進まれてきた同社などの内需株には、利益確定の動きが強まってきているようだ。また、一部の報道では、前日に開催された中医協総会において、同社のオプジーボを例に、「効能追加で市場が大幅に拡大した場合、期中の薬価見直し」が主張されたと伝わっているもよう。来年4月の消費税率引き上げ延期で薬価改定が見送られても、オプジーボの薬価再算定は実施される可能性との見方にも。

<4992> 北興化学 315 +29急伸。前日に発表した第1四半期の決算が好材料視されている。営業利益は17.9億円で前年同期比24.5%増と大幅増益決算になった。通期予想は20.5億円で前期比26.2%減益、予想は据え置いているが、上振れ可能性などが高まる状況となっている。国内水稲用の除草剤や殺菌剤の出荷が好調であった。

<XH>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。