マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ADR日本株ランキング~ソニーなど全般堅調、シカゴは大阪比325円高の16645円

2016年4月19日 7:35

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル108.82円換算)でトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>など全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比325円高の16645円。

18日の米国株式相場は、ダウ平均が106.70ドル高の18004.16、ナスダックが21.80ポイント高の4960.02で取引を終了した。昨日の主要産油国による増産凍結が合意に至らなかったことを受けて、原油相場が急落。アジアの株式相場が下落した流れもあり、売りが先行した。その後、主要企業の堅調決算が好感され上昇に転じたが、原油市場への警戒感から上値の重い展開となった。ダウは昨年7月以来初めて18000ドルを上回った。

ドル・円は、108円13銭から108円99銭まで上昇し108円82銭で引けた。ドーハでの産油国会合で期待されていた増産凍結で合意できなかったことに失望した原油安、予想を下回った米国の米4月NAHB(全米住宅建設業者協会)住宅市場指数を受けてドル売り、円買い優勢で始まった。その後、日本銀行の追加緩和観測、原油増産凍結で合意なしは「想定範囲」との判断から、原油価格や米国株式相場の回復に伴いショートカバーが加速した。ユーロ・円は、122円23銭から123円36銭へ上昇した。

NY原油は続落(NYMEX原油5月限終値:39.78 ↓0.58)。38.46ドルを安値に、いったん40.24ドルまで上昇した。

なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(18日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6758> ソニー 26.48ドル 2882円 (146円) +5.34%
<7012> 川重 11.72ドル 319円 (11円) +3.57%
<8591> オリックス 73.94ドル 1609円 (53円) +3.41%
<8053> 住友商 10.84ドル 1180円 (37円) +3.24%
<5401> 日鉄住金 22.1ドル 2405円 (73円) +3.13%

■ADR下落率上位銘柄(18日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<8002> 丸紅 50.42ドル 549円 (-16.8円) -2.97%
<5802> 住友電 11.87ドル 1292円 (6円) +0.47%
<5233> 太平洋セメ 27.97ドル 304円 (2円) +0.66%
<8267> イオン 15.06ドル 1639円 (12.5円) +0.77%
<3401> 帝人 36.29ドル 395円 (3円) +0.77%

■その他ADR銘柄(18日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)
<1925> 大和ハウス 27.73ドル 3018円 (74円)
<1928> 積水ハウス 18.25ドル 1986円 (50.5円)
<2503> キリン 15.25ドル 1660円 (37.5円)
<2802> 味の素 23.66ドル 2575円 (55.5円)
<3402> 東レ 17.09ドル 930円 (14.7円)
<3407> 旭化成 13.79ドル 750円 (15.8円)
<4452> 花王 53.23ドル 5792円 (115円)
<4523> エーザイ 64.65ドル 7035円 (124円)
<4901> 富士フイルム 39.34ドル 4281円 (105円)
<4911> 資生堂 23.15ドル 2519円 (52円)
<5108> ブリヂストン 18.83ドル 4099円 (93円)
<5401> 日鉄住金 22.1ドル 2405円 (73円)
<5802> 住友電 11.87ドル 1292円 (6円)
<6301> コマツ 18.4ドル 2002円 (46.5円)
<6503> 三菱電 22.67ドル 1233円 (29.5円)
<6586> マキタ 65.05ドル 7079円 (199円)
<6594> 日電産 16.66ドル 7252円 (161円)
<6758> ソニー 26.48ドル 2882円 (146円)
<6902> デンソー 19.22ドル 4183円 (94円)
<6954> ファナック 27.78ドル 18134円 (449円)
<6971> 京セラ 47.08ドル 5123円 (127円)
<6988> 日東電 27.85ドル 6061円 (54円)
<7201> 日産自 18.67ドル 1016円 (25.4円)
<7202> いすゞ 10.75ドル 1170円 (26.5円)
<7203> トヨタ 103.36ドル 5624円 (157円)
<7267> ホンダ 27.88ドル 3034円 (87.5円)
<7270> 富士重 66.19ドル 3601円 (80円)
<7741> HOYA 39.84ドル 4335円 (126円)
<7751> キヤノン 30.22ドル 3289円 (53円)
<7752> リコー 10.36ドル 1127円 (27円)
<7974> 任天堂 19.22ドル 16732円 (312円)
<8001> 伊藤忠 25.65ドル 1396円 (32.5円)
<8002> 丸紅 50.42ドル 549円 (-16.8円)
<8031> 三井物 242.19ドル 1318円 (20円)
<8053> 住友商 10.84ドル 1180円 (37円)
<8058> 三菱商 35.67ドル 1941円 (49円)
<8267> イオン 15.06ドル 1639円 (12.5円)
<8306> 三菱UFJ 4.82ドル 525円 (14.2円)
<8309> 三井トラスト 3.09ドル 336円 (7.7円)
<8316> 三井住友 6.37ドル 3466円 (76円)
<8411> みずほFG 3.01ドル 164円 (3.1円)
<8591> オリックス 73.94ドル 1609円 (53円)
<8604> 野村HD 4.59ドル 499円 (8.6円)
<8766> 東京海上HD 33.42ドル 3637円 (98円)
<8802> 菱地所 19.45ドル 2117円 (51円)
<9432> NTT 46.19ドル 5026円 (87円)
<9437> NTTドコモ 24.94ドル 2714円 (45.5円)
<9735> セコム 18.88ドル 8218円 (158円)
<9983> ファーストリテ 26.28ドル 28603円 (528円)
<9984> ソフトバンクG 27ドル 5877円 (118円)

<HK>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。