マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):五洋建設、アキュセラ、アシックスなど

2016年4月20日 11:47

アシックス<7936>:2311円(前日比+139円)
大幅続伸。早大ラグビー部が今シーズンから使う新ユニホームに、体へのフィット感を高めた新素材「ワープモーション」を採用したと発表している。競技中に相手選手から引っ張られにくいのが特徴のようだ。今後の新素材の採用の広がりなどが期待される状況となっているもよう。同社は早稲田大学とスポーツ分野で包括提携している。

東京製鐵<5423>:651円(前日比-50円)
売り優勢。前日に決算を発表しているが、今期は想定以上の大幅減益見通しとなっており、ネガティブなインパクトにつながっている。前期営業利益は178億円で35%増益、従来予想をやや上回る着地となったが、今期は90億円で前期比49%減益の予想。市場コンセンサスの150億円レベルを大きく下回っている。スクラップ価格の上昇に伴う、マージンの悪化を織り込んでいるもようだ。

五洋建設<1893>:525円(前日比+20円)
買い優勢。クレディ・スイス証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を570円としている。株価バリュエーションには割安感があり、潜在的な利益成長を織り込んでいないと指摘、官公庁工事の売上高比率の高さも今後の評価要因としている。17.3期営業利益は247億円を予想、市場コンセンサスの207億円を上回るとみているようだ。

出光興産<5019>:2282円(前日比+159円)
大幅続伸。前日には業績予想の下方修正を発表、営業損益は30億円の黒字予想から195億円の赤字に、最終損益は130億円の赤字から360億円の赤字に修正している。原油価格下落に伴う在庫評価損の拡大が背景となっている。一方、在庫評価損を除く実質ベースでの営業利益は830億円から1025億円へ上方修正している。野村證券では、同ベースでの営業利益925億円を想定していたもようで、石炭や有機ELの営業損益の上方修正には意外感があると指摘。

PXB<6190>:3165円(前日比+385円)
大幅に5日続伸。4月21日から23日に京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催される第102回日本消化器病学会総会において、PXBマウス・PXB-cells関連研究発表があるとリリースしている。PXBマウスは肝細胞の70%以上が正常ヒト肝細胞に置き換えられたマウスで、同社はこのマウスを用いた医薬品開発研究の受託サービスを提供している。

モルフォ<3653>:10060円(前日比+1500円)
ストップ高。資本業務提携先のデンソー<6902>が「Auto China 2016」(北京モーターショー)への出展を発表したことを材料視する向きもあるようだ。北京モーターショーは4月25日から5月4日まで中国北京市で一般公開される。デンソーはフロントガラス上に情報を表示するヘッドアップディスプレイや、後方の障害物を映像で知らせる電子ミラーを用いた「ハーモニアス・コミュニケーション・コックピット」を中国で初展示する。

アキュセラ<4589>:4395円(前日比+305円)
大幅に6日続伸。視覚サイクルモジュレーション技術に基づき開発した「エミクススタト塩酸塩」の臨床第2b/3相試験(SEATTLE試験)の最終被験者の来院(LPLV)を終えたと発表している。この臨床試験は、地図状萎縮を伴うドライ型加齢黄斑変性に罹患する患者508名を対象に実施してきた。主要評価項目達成に関する評価となるトップラインデータについては今年6月に公表する予定に変更はないという。

エボラブルアジア<6191>:3400円(前日比+501円)
ストップ高。民泊運営企業への新規サービスを開始すると発表している。4月1日の「民泊」における規制緩和に伴い、第1弾として商材(国内航空券・JR・高速バス)をOEMで提供するサービスを始める。提供先のブランドイメージに合わせたWEBサイトのデザインや商材のカスタマイズが可能で、ニーズの高い英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語に加え、タイ語・インドネシア語・ベトナム語にも対応しているという。

<KS>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。