マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【サラリーマン策太郎のおまかせFX】やったぜ!また豪ドル/米ドルで約9万円の利益!

2015年9月2日 19:00

こんばんは。策太郎です。

先週の記事UP後からも相場は荒れました。ユーロ/ドルは結局、上昇する前の水準まで下がりましたね。それでは仕掛けランキングから選んだユーロ/ポンドと豪ドル/米ドルの成績を見てみましょう。

豪ドル/米ドルは約9万円のプラス!ユーロ/ポンドは……

豪ドル/米ドルの8/26(水)からの1週間の利益は下記です。

sakutarou-2015-9-2-2

豪ドル/米ドルは安定していますね。含み損も少ないですし。先週は合計で10本の注文を走らせていましたが、今は20本に増やしました。合計で30万通貨を豪ドル/米ドルに使っています。ズラーっと注文を置いているので、そこ(下記画像の黄色い矢印が並んでいるところ)を通るたびに稼いでくれます。下落もレンジも稼いでくれるのがとってもイイ!

sakutarou-2015-9-2-1

一方、ユーロ/ポンドは……すべて損切りしました。「長期戦略だから多少の損は気にしない」とか先週言っておきながら、どうしても「コストが高い」のが目につき、あえなく中止。儲かるときはいいのですが、損する額もユーロ/ポンドは結構大きいので、一旦撤退します。いい感じの設定が出来たら復帰させる予定です。

常勝の設定でニュージーランドとユーロを攻める!

ユーロ/ポンドは一時撤退しましたが、「ユーロ売り」の方向は間違っていないと思うので、ユーロ/ドルの売りで攻めることにしました。含み損はありますが、やはり今年の1~3月で優秀な成績を残している設定なので、トレンドがあればガッツリ稼ぎますね。
※参考:【サラリーマン策太郎のおまかせFX】今年の1~3月で50万円くらい稼いだ取引方法

sakutarou-2015-9-2-3

豪ドル/米ドルに加え、ニュージーランドドル/米ドルも追加しました。

sakutarou-2015-9-2-4

ニュージーランドドル/米ドルも安定した下落トレンドが続いているので、こっちも仕掛けます。ニュージーランドドルの設定はユーロの設定と同じです。オージーの「幅広く注文を仕掛ける戦略」とで、どっちが優秀なのかテストします。

負けを即座に取り返せるような戦略

ユーロ/ポンドと先週仕掛けたドル/円はあえなく損切りになってしまいましたが、その損をオセアニア系の仕掛けがちょこちょこ取り返してくれました。通貨ペアの相関性がそれほど高くないことが功を奏しているのでしょう。先週のユーロ/ドルはドル/円にかなり影響されて、乱高下しましたが、豪ドル/米ドルはそれほど影響を受けず、安定して下落しています。

「激しく動くユーロ/ドルの戦略」と「安定して今は動いているオセアニア系の戦略」とで、いい感じにリスクを分けられて、「負けても即座に取り返せる戦略」となっているようです。

……だったら、勝てているオセアニア系だけでまわせばイイじゃん、とも考えられますが、まぁユーロ/ドルでもなんだかんだ10万円くらいは利益をだしているし、複数の通貨を運用できるようになる、という目標のためユーロ/ドルもまわします。

先週8/26(水)から1週間の全通貨の取引成績です。

sakutarou-2015-9-2-5

ドカっとへこんでいるのがユーロ/ポンドの損切りで、8万円くらい持っていかれましたが、他の通貨で利益を補ってくれるので、なんとか助かっています。

今週はECB理事会や米国雇用統計の発表が控えていますので、また荒れるかもしれません。どうなるでしょう。ユーロ/ドルは早くトレンドが出てほしいですね。。

【著者プロフィール】
策太郎(さくたろう)
サラリーマン。早く会社を辞めて投資で食っていきたいと思い、FXを始める。学生時代に培ったギャンブル理論をもとに、「勝てる時に大勝ちする」というスタイルで資産1億くらいを目指す。

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。