マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【飯村真由の取材レポート】オプティム : IoT時代の新OSとは?

2016年4月28日 12:12

オプティムが開発したIoT時代に最適化された新型OS「OPTiM Cloud IoT OS」とは?
~フィスコリサーチアナリスト飯村真由の「取材レポート」~

みなさん、こんにちは。
フィスコリサーチアナリストの飯村真由です♪

株式市場において注目のテーマの1つであるIoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」のこと!というのは、皆さんもう知っていますよね?
では、このたびオプティム<3694>が開発したIoT時代に最適化された新型OS「OPTiMCloud IoT OS」という画期的な製品をご存知でしょうか?
3月30日に同製品の発表会が開催され、私も参加してきましたので、「取材レポート」をお届けしたいと思います。

★まずは生みの親であるオプティムについてご紹介しましょう!
菅谷俊二社長が率いる株式会社オプティムは、「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、2000年に創業以来、すべての人々が等しくインターネットのもたらす「創造性・便利さ」を享受できるようにサポートするプロダクトの開発に尽力してきた企業です。昨今では、建設、農業、医療、コスメといった各産業とITを組み合わせる「○○×IT」によるイノベーション戦略を推進しています。

★このたび発表された「OPTiM Cloud IoT OS」とは?
“クラウド上で動く新時代のOS”で、デスクトップ形式を採用したIoT専用のプラットフォームです。あらゆる人に直感的かつ安全にIoT端末の管理・制御、データの蓄積・分析、AI、クラウドサービス連携ができる“新しいユーザー体験”を提供する製品です。

★どんな思いで生まれた?
5年前から開発に着手してきた「OPTiM Cloud IoT OS」は、高い技術力を誇る同社の集大成ともいえる製品で、菅谷社長は、「IoT時代の到来と言いつつ、体感できている人が少ないのでは?」という思いから、これまでのOSの歴史と全てのエッセンスを搭載した“IoT時代に相応しいOS”を開発したとのことです。

★なぜデスクトップ形式を採用したのか?
IoT時代のOSに求められるものとして、
◇オープン化
◇抽象化
◇直感的
◇“作る”から“使う”へ
の4つを挙げ、今までと似た視覚、慣れ親しんだUI(ユーザーインタフェース:操作感)であることを大切にされたようです。

★どうやって使うの?
1.データ入力:マウス・キーボードを使って手作業で入力する時代から、ドローン、ネットワークカメラ、ウェアラブル端末などのIoT端末に搭載された各種センサーで自動入力する時代へと変化
2.データ処理:各社が提供しているクラウドサービスでデータ処理を行う
3.データ出力:パソコンのほか、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に出力・表示する
これらをネットワークに分散し共同動作を実現させ、「見る・貯める・知らせる・分析できる・考えてくれる」といった様々なアプローチを可能にしています。

★活用するメリットとは?
◇既存のクラウドサービス上で動作することが可能
◇IoTサービスで必須となる機能を標準搭載(データ分析、地理空間情報マッピング、ネットワークカメラ映像解析など)
◇画像解析・AIにより付加価値を作ることでARPU(Average Revenue Per User:顧客1人あたりの平均売上金額)を向上できる
の3つを挙げ、あらゆる産業のビジネスを加速させる役割が期待されています。

IoTの恩恵を全てのユーザーが受けることができる「OPTiM Cloud IoT OS」は、同社の高い技術力と“IoTをもっと身近に感じる世界を広げていきたい”という情熱から誕生した製品です!現段階ではBtoB向け(法人向け)ですが、個人向けや海外展開も狙っているようですよ。IoTサービスの爆発的普及を支えるIoT OSとなっていきそうですね。

さて、4月22日に「今、この株を買おう2061年春夏号~フィンテックに注目~!」という、フィスコのムック本が実業之日本社から発売になりました♪ムック本のP40に同社の「OPTiM Cloud IoT OS」に関する記事が、P60にはドローン関連銘柄として同社が掲載されていますので、そちらも是非ご覧くださいね☆ミ

<SF>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。