マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):ファナック、野村HD、UBICなど

2016年4月28日 11:52

野村HD<8604>:509.4円(前日比-23円)
売り優勢。前日に決算を発表している。1-3月期の純損益は192億円の赤字となり、11年7-9月期以来、4年半ぶりの赤字となった。売買手数料やトレーディング収益の減少が響いた。前日には100億円規模の赤字転落と観測報道が伝わっていたが、年間配当金も15.3期の19円から13円に減配の形となっており、あらためて赤字転落をマイナス視する動きになっている。自社株買いも発表しているが、規模感などインパクトは乏しいとの見方。

アルプス<6770>:2070円(前日比+260円)
急伸。前日に決算を発表している。前期営業利益実績は523億円で前期比2%減益、従来予想線での着地となった。今期は465億円で同11%減益の見通し、市場予想を100億円以上下回る水準となっている。ただ、ガイダンスリスクは相当程度織り込まれていたとみられるほか、会社側の前提も保守的との見方が多く、当面の悪材料出尽しと受け止める動きが優勢になっている。

ファナック<6954>:17235円(前日比-1090円)
大幅続落。前日に決算を発表、前期営業利益実績は2156億円で前期比28%減益、従来予想を上回る着地になった。一方、今期は1173億円で同46%の減益見通し、1850億円レベルの市場予想を大幅に下回っている。もともと保守的な傾向が強いものの、今期の下振れ幅は極めて大きく、ネガティブなインパクトにつながっているようだ。なお、本日の午前中に決算説明会が予定されているもよう。

アスコット<3264>:398円(前日比+80円)
3日連続のストップ高。中国平安グループ系のファンドが筆頭株主となることを材料視した買いが続いているが、4月27日引け後に発表した15年10月-16年3月期(第2四半期累計)決算をポジティブ視する向きもあるようだ。売上高は前年同期比81.7%増の27.10億円、営業利益は同約2.1倍の1.76億円で着地した。16年9月期の通期業績については、営業利益で前期比7.5%増の5.63億円とする従来予想を据え置いている。

CRI・MW<3698>:3150円(前日比+265円)
3日ぶり大幅反発。触覚技術の開発・提供を行う米イマージョンコーポレーションとの技術提携を発表している。ゲーム開発向けミドルウェアCRIWAREにおいて、従来の音声・動画技術に加え、新たに触覚技術(ハプティック)に対応していくが、今回の提携をその第一歩として位置付けている。ゲーム開発者にオーディオ、ビデオ、触覚技術を集約したソリューションを提供し、聴覚・視覚・触覚全ての効果を使ったゲーム演出の創造をサポートする。

アライドアーキ<6081>:1135円(前日比+95円)
大幅反発。子会社であるReFUEL4 Pte. Ltd.について、米Facebook, Inc.が年間で最も革新的なマーケティングサービス/テクノロジーを選出し表彰する「2016 Facebook Innovation Spotlight」を、クリエイティビティ部門において受賞したと発表している。ReFUEL4は14年より、成果報酬型のFacebook/Instagram広告クリエイティブ制作プラットフォーム「ReFUEL4」のサービスを世界の広告主企業に向けて提供している。

J・TEC<7774>:1274円(前日比+124円)
大幅続伸。16年3月期決算を発表している。営業損益は7.22億円の赤字(前期は6.88億円の赤字)で着地した。一方、17年3月期の営業損益については0.11億円の黒字に転換する見通しを示している。自家培養表皮ジェイス及び自家培養軟骨ジャックの売上高増加に加え、経費の圧縮により大幅に損益を改善して黒字化を図る。一部証券会社では、黒字化が達成されれば自家細胞を中心に扱う再生医療企業としては世界初と指摘している。

UBIC<2158>:1256円(前日比+127円)
大幅続伸。人間が分別した結果を人工知能が再現できるように再学習する技術について、米国で特許の許可通知を受領したと発表している。同技術に関する特許は日本、韓国に続き米国が3ヶ国目の取得となる。この技術は、同社独自開発の人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」に搭載された人工知能関連技術「Landscaping(ランドスケイピング)」として実現されている。

<KS>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。