マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ゆりぴょん氏:現状維持で市場混乱!なぜ今現状維持なのか?

2016年5月6日 13:32

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ゆりぴょん氏(ブログ「お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年5月1日11時 に執筆

こんにちは!フィスコソーシャルレポーターのゆりぴょんです。
ゴールデンウィーク直前から日本市場は大混乱となりましたが皆様無事でしょうか?
ほぼ確定だろうと期待されていた日銀の追加緩和が見送られ、まさかの現状維持。これによる失望売りが止まらない状況です。

私も今回ばかりは追加緩和は絶対あるだろうと思っていました。
なので、28日の正午頃、現状維持という言葉をツイッターで確認し、食事中にも関わらず叫びながら立ち上がってしまいました(笑)

さて、日銀がなぜ現状維持だったのか?円高株安の流れは予測できたはずなのに。
出来ない理由があったのか、やらなくても大丈夫という自信があったのかはわかりませんが、気になるニュースが一つ。

米財務省が日本を通貨政策の「監視対象」に指定して、円安誘導をけん制。

この件で事前に日銀には何らかの圧力がかかり、追加緩和に踏み切れない状況だったのかもしれません。
このニュースを見る前は、首相と日銀の間で増税延期の発表を近々やるから今ここで追加緩和をやる必要がないとの裏取引でもあったのかも?などと言うポジティブな妄想もしてもみましたが、どちらかというと米国けん制の方が信憑性は高そうです。

どちらにしろ連休明けは円高が進む可能性大!株価乱高下の可能性大!私の含み損大幅増の可能性大!なので再び難しい相場に突入しそうです。

という訳で、株を買うなら短期売買でないと危険だと思っています。
急落すれば反発もあると思いますが、タイミングが難しそうです。
そんな状況なので株の新規購入を私は見送るかもしれませんが「急落したら欲しい気になる株の監視リスト」は作ってあります。

◆まずは比較的株価の戻りが早い優待株。今なら6月以降の優待株から。

ブロンコビリー<3091>
好決算で株価は急騰してしまったので、押し目買いのチャンスを待っています。

マクドナルド<2702>
業績が悪化しても相場が荒れても比較的下がりにくい人気優待株ですが、最近では特に理由もなく急落する日があり、翌日には反発という流れを何度か見ました。現在100株保有中ですが、300株で優待が3倍になります。

◆優待株ではないですが、テーマ性のある株にも少し注目。

バイオ人気に若干陰りが見えており、フィンテック関連の話題がちらほら出てくるようになりました。
そこで、株価が10万以下のフィンテック銘柄を監視リストにいれています。
ラクーン<3031>、フィスコ<3807>、オウケイウェイヴ<3808>、ソースネクスト<4344>など。

◆買値は現在10万円を超えていますが、暴落相場で10万円切りもありえそうな銘柄。

さくらインターネット<3778>、インフォテリア<3853>

材料が出た瞬間吹き上げて翌日失速というパターンが多いようなので下がった時に拾って材料が出た瞬間売り抜ければ利益を出せそうですが、こちらはまだイメージトレーニング中です。

連休明けに何が起こるかあまり想像したくありませんが、最悪の状況を想像していると思ったより良かったということも多々あるので、あまり悲観的にならずがんばりたいと思います。

----

執筆者名:ゆりぴょん
ブログ名:お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!

<FA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。