マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家SY:投資のアイデア、証券口座を二つ持とう!

2016年5月6日 22:11

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家SY氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年5月2日12時に執筆

GW前にほとんどの株を売却。日銀決定会合はどっちに転んでも不発。金融緩和をやらなかったら嫌気売り、やっても材料出尽くしの可能性もあるとみて安全策としてほぼ売却しました。(GW明けの暴落は避けられるかなと・・・暴落するとは決め付けられませんが。特に為替政策監視国というものは今後日本の株式市場に悪影響を及ばしかねないかと・・・心配です。)
このGWは仕切り直し、銘柄研究やフィスコアプリに銘柄登録などして新たな戦略で臨みたいと思います。

さて、今回は証券口座を2つ持つ事のススメです。

自分は頻繁に使う証券会社とは別にもう1つ持っています。その口座はほぼ売らない銘柄専用にしています。その理由は自分の意志の弱さをカバーする為でもあります。具体的には、長期投資と決め込んで購入した銘柄が下落を始めると、自分の意志と裏腹に損切りをしてしまうという意志の弱さが露呈されてしまうからです。

長期投資と決め込む=材料にほれ込むという事なので、ちょっとやそっとのことで売買を行うのは決めたルールに反するし、また現に過去を振り返ると売らずに持っていれば良かったと思う事が多々ありました。第一のポイントは買ってしまった後はあまり見ない様にすること。もしその会社が消滅したとしても後悔しない位の気持ちがベストかも知れません。
そしてもう1つポイントは利益が出た時の余剰資金で買うこと。そして1銘柄ではなく分散投資の方が良いです。そうすることによってリスク分散にもなります。
万が一、その企業が破綻して株式の価値がゼロになっても、余剰資金でやっていれば多少の諦めがつくし、市場からの撤退も回避できるかと思われます。

参考までに自分が別口座に持っている銘柄を紹介しますと、バイオ関係、特殊技術などを有する企業、そして悪材料が出て底値になっているがまずは潰れないと予想される企業などです。一部紹介させて頂きますと・・・
カイオム・バイオサイエンス<4583>(過去のバイオ相場の時これが本命かなと購入)、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>(日本人は健康にうるさいのとこれからの高齢化社会に向けて)、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576>(緑内障治療に今後の期待が持てる)、放電精密加工研究所<6469>(MRJなど今後航空機関連として期待)などがあります。

スイング投資や短期投資も楽しいですが、銘柄を自分で研究して投資するというのも株式投資の醍醐味かなと思います。また自分の判断による買いなので、後悔の念も少ないかなと思います。

----

執筆者名:SY

<FA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。