マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日本株 今後の注目テーマは医療・バイオや不動産

2016年5月11日 7:00

医療・バイオ関連は市場の注目度も高い(写真:アフロ)

医療・バイオ関連は市場の注目度も高い(写真:アフロ)

日本経済全体の浮沈にかかわらず、確かな技術やサービスで好業績と株価高騰が見込める銘柄は存在する。マネーのプロたちが、今年年末時点で今よりも値上がりしている可能性が高いと見る「持っていれば得する銘柄」を挙げてくれた。

「今後の注目テーマは高齢化や技術革新に伴う医療・バイオ関連、スマホ普及に伴うIT関連、マイナス金利に伴う不動産関連です」

こう語る戸松信博氏(グローバルリンクアドバイザーズ代表)は、医療関連でリニカルを推す。

「がん・中枢神経系などを中心にCRO(臨床試験受託)事業を展開。国内の主要製薬会社の臨床試験を受託するほか、海外でも受注が好調で足元の業績も好調を維持している」

IT関連ではテクマトリックスを挙げる。

「情報インフラ構築とアプリ開発が柱。情報システムの構築から運用・保守に至るまでワンストップで提供できるのが強み。アプリもeコマース(電子商取引)やスマホ、ウェアラブル端末向けなどが堅調です」

不動産関連では、ケイアイスター不動産に注目する。

「主に首都圏で分譲住宅、注文住宅を販売し、870万円からの家づくりをコンセプトとした『はなまるハウス』が主力です。大幅な増収増益予想で成長性が高い割に株価は割安。マイナス金利導入による住宅ローン金利低下が追い風です」

同じ不動産関連でマーケットバンク代表の岡山憲史氏は民泊や中短期賃貸などのアパマンショップホールディングスを推した。

経済ジャーナリストの和島英樹氏は医療・バイオ関連が有望テーマとして3銘柄を挙げた。

「ヘリオスはiPS細胞を使って加齢黄斑変性の治療薬を開発するバイオベンチャー。2017年の臨床試験入りを目指している。富士フイルムホールディングスはインスタントカメラや事務機の好調に加え、医薬品や再生医療でも着実な拡大が見込めます。

精神疾患の患者に特化した訪問看護のほか、退院患者向けに賃貸物件の入居支援なども行なうN・フィールドは医療制度改革の一環で政府による精神科患者の早期退院、在宅医療支援の充実が進められており追い風です」

医療・バイオ関連では東証1部上場観測があるバイオベンチャーのそーせいグループを藤本誠之氏(SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト)と黒岩泰氏(黒岩アセットマネジメント代表)が推すほか、藤根靖晃氏(ティー・アイ・ダヴリュ代表)が医薬品製造機械メーカーのフロイント産業、平野憲一氏(ケイ・アセット代表)が医薬品ベンチャーで新薬開発が相次ぐメディシノバを挙げた。

※週刊ポスト2016年5月20日号

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。