マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】システムインテ Research Memo(3):販管費の減少などが増益に寄与

2016年5月16日 16:10

■決算動向

(1) 2016年2月期業績について

4月8日付で発表されたシステムインテグレータ<3826>の2016年2月期の業績は、売上高が前期比14.1%増の3,539百万円、営業利益が444百万円(前期は733百万円の損失)、経常利益が447百万円(同731百万円の損失)、当期純利益が364百万円(同906百万円の損失)となり、2期ぶりに過去最高業績を更新した。

2015年2月期は不採算プロジェクト発生に伴う受注損失引当金1,067百万円を計上したことで赤字となったが、当期はその影響が一巡したこと、また収益回復を図るためプロジェクト管理強化に取り組みプロジェクト利益率が大幅に改善したこと、人件費や研究開発費、経費の抑制に努め販管費が減少したことも増益要因となった。なお、2016年1月に業績修正した会社計画値に対して見ると、売上高が39百万円の増額となる一方で、営業利益は55百万円の未達となった。これはEC・オムニチャネル事業において販売計画の見直しからソフトウェア資産の追加償却122百万円を実施したことが要因となっている。この償却がなければ営業利益も計画を上回ったことになる。なお、不採算プロジェクトに関しては既にプロジェクトは中止されており、新たな損失が発生する可能性はほとんどないものと思われる。事業セグメント別の動向は以下のとおり。

○Object Browser事業
Object Browser事業の売上高は580百万円、営業利益は392百万円となった。同事業の売上高は、前期までの「SI Object Browser」関連、「OBPM」関連の売上高を合計した金額となり、これとの比較では3.5%増と増収基調を継続した。

「SI Object Browser」シリーズについては、業界デファクトスタンダードとして累計約1.6万社に導入されており、売上高としては前期比横ばい水準となった。一方、「OBPM」については発売後8年がたち、認知度向上とともに導入社数も前期末の約90社から120社超へ拡大し、2ケタ増収となった。また、2015年5月に中国のウィナーソフト社と業務提携を結び、中国版「OBPM」の開発及び販売に関する業務提携を締結した。具体的な提携内容は、中国向けにローカライズした「OBPM」の開発委託、中国国内における総販売代理店及び販売先ユーザーに対する製品サポート活動となる。ウィナーソフト社は中国で中堅規模のソフトウェア開発会社となり、2016年に中国市場でのIPOを予定している。ソフトウェアのPMツールやコンサルティング領域で中国No.1カンパニーを目指しており、「OBPM」の第1号ユーザーでもあり、今後中国版「OBPM」を戦略商品として中国で販売していく予定だ。

「OBDZ」はソフトウェア分野における設計の自動化ツールとなる。IT業界の人手不足が慢性化するなかで、生産性を高めるツールとして徐々に注目され始めており、売上規模はまだ小さいものの導入社数は10社超となっている。適時、ユーザーの要望を反映させながら製品改良を行っており、競合製品が無いなかで新たな収益源に成長するものとして期待される。

○ERP事業
ERP事業の売上高は2,286百万円、営業利益は401百万円となった。同事業の売上高は、前期までの「GRANDIT」関連に相当するもので、これとの比較では41.5%増と大幅増収となった。前期はその他事業において発生した不採算プロジェクトの収束を優先するため、営業・開発リソースを同プロジェクトに振り向けたため売上高が伸び悩んだが、当期は通常の業務体制に戻ったことや、企業のIT投資の活発化を背景に大幅増収となった。

特に、同社独自開発の「個別生産管理アドオンモジュール」「繰返生産管理アドオンモジュール」が製造業向けに、また。「OBPM」との組み合わせによる「プロジェクト管理テンプレート(ITテンプレート)」がIT関連業界向けにそれぞれ好調に推移した。「GRANDIT」コンソーシアム14社のなかで、エンジニアの数で約60名と最大人数を抱えており、また、様々な顧客ニーズに対応できるだけの高いスキルを兼ね備えていることも売上好調の要因となっている。

○EC・オムニチャネル事業
EC・オムニチャネル事業の売上高は672百万円、営業利益はソフトウェア資産の償却122百万円を計上したこともあり、30百万円の損失となった。同事業の売上高は、前期までの「SI Web Shopping」関連に相当するもので、これとの比較では26.2%減と2期連続の減収となった。

EC市場は拡大が続いているものの、ECサイト構築パッケージの競争激化が続いていることが売上低迷の主因となっている。「SOCS」については2015年1月のリリース以降、機能拡充に注力しており、導入が進むのは2017年2月期以降となる見通しだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。