マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【今週の注目トピック(1)】話題のテーマ『ドローン、パーシー・マクパースフェイス、フィンテック、AR/VR』など

2016年5月22日 17:44

■欧エアバスCEO、ドローン業界で一大勢力になることを目指す(5月16日)

【ドローン】
欧州航空・防衛大手エアバス・グループのトム・エンダースCEOによると、同社は急成長する世界のドローン(小型無人機)業界で一大勢力になることを目指しているという。米紙WSJが報じている。急拡大する軍用・商業用ドローン市場における世界のライバル企業の戦いを黙って見守っているつもりはないと述べたと伝えている。

<3681>ブイキューブ{RapyutaRoboticsとロボティクス関連サービス}
<2667>イメージワン{小型無人飛行機(UAV)を手掛ける}
<3653>モルフォ{原子力機構のドローンに手ブレ補正ソフトが採用へ}
<7272>ヤマハ発動機{農薬散布などに用いられる産業用無人ヘリコプター}
<9232>パスコ {ドローンを活用した工事進捗管理}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■米グーグル、機械の英文理解助けるソフト公開(5月16日)

【AI】
米グーグルは機械の英文理解を支援するプログラム「パーシー・マクパースフェイス」をオープンソースライセンス形式で公開したと報じられている。グーグルは、自然言語を理解するプログラムの中でパーシーが最も正確だと主張。

<3666>テクノスジャパン {人工知能製品「scorobo」}
<3905>データセクション {WEB画像フィルタリングサービス}
<2158>UBIC {人の思考と行動を自動解析する人工知能を開発}
<9984>ソフトバンクグループ {米Fetch Roboticsに出資}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■米アップルが中国配車サービス市場に乗り出す(5月16日)

【配車サービス】
米アップルは、中国の配車サービス市場が成熟し競争が資金投入型から転換する中で、すでに潤沢な資金を抱える滴滴出行に10億ドル(約1100億円)を出資すると報じられている。アップルは滴滴が支払い方法の一つにモバイル決済サービス「アップルペイ」を加えれば、中国での顧客を増やすことができる。

<9984>ソフトバンクグ {インドや中国のタクシー配車サービス企業に出資}
<3669>モバクリ {アナログ無線からIP無線システムへの移行で恩恵}
<6702>富士通 {富士通テンがタクシー配車システム}
<5802>住友電工 {住友電工システムソリューションが配車支援ソフト}
<7203>トヨタ {LINEがタクシー配車アプリ提供、導入車種}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■日本の宇宙開発産業を輸出する機会拡大(5月16日)

【宇宙開発】
経済産業省、内閣府、文部科学省はアラブ首長国連邦(UAE)の宇宙庁と宇宙分野における協力文書を取り交わしたと発表した。UAEは2021年に火星探査を行うプロジェクトを推進している。すでに三菱重工業<7011>が同国の火星探査機の打ち上げを受注しているもよう。今回の協力文書の署名をきっかけに日本の宇宙開発産業を輸出する機会が拡大しそうだ。

<7011>三菱重工業{ロケットエンジン、宇宙ステーション、船内保管室など}
<6807>日本航空電子工業{慣性センサユニット、軌道制御用の加速度計など}
<2667>イメージ ワン{衛星画像解析サービス}
<7013>IHI{耐熱性カプセル、衛星推進系、船外パレットなど}
<6486>イーグル工業{宇宙衛星用タンクなど}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■三井住友FG、「フィンテック」分野で産学連携の共同研究(5月16日)

【フィンテック】
三井住友FG<8316>は、「フィンテック」分野で産学連携の共同研究を進めると報じられている。近畿大学やシステム開発のハウインターナショナルと協力すると伝えている。ビットコインなどの仮想通貨の決済で利用される「ブロックチェーン」と呼ぶ技術を研究対象とするようだ。

<8316>三井住友FG {産学連携の共同研究}
<3778>さくら {データセンター}
<6180>GMOメディア {オンラインゲームでビットコイン決済}
<3917>アイリッジ {ブロックチェーン技術「mijin」}
<6172>メタップス {オンライン決済プラットフォーム}
<3825>REMIX {仮想通貨の交換を手掛ける出資子会社を設立}
<3807>フィスコ {フィスコ・コイン}
<2315>SJI {システム開発}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■サード・ポイント、グーグルのアルファベットへ投資(5月16日)

【AR/VR】
米国では投資ファンドのサード・ポイントが、米グーグルの持ち株会社アルファベットへの投資を開始したほか、仮想化ソフト大手である米VMウエア株への投資を開始したと報じられている。他のファンドにおいても、アップルを売却し、アルファベットにシフトしていると伝えられている。クラウドやAR/VR、自動運転といった成長分野へ資金がシフトしている。

<4312>サイバネットシステム {AR/VRソリューション}
<6758>ソニー {ハードウェア}
<3393>スターティア {ARアプリ}
<7751>キヤノン {AR技術}
<6879>イマジカ・ロボット {ARアプリ}

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<TM>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。