マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:今週の本土マーケット、大型IPOや売停新ルールなど不安材料に

2016年5月23日 10:31

中国本土マーケットでは今週、大型の新規株式公開(IPO)や売買停止の新ルールが気がかり材料になりそうだ。主要指数の上海総合指数は足元で2800ポイント近辺でのもみ合いが続いているが、これらの不安材料が引き続き上値の重しとなり、指数はレンジ圏での推移が続く——との見方が浮上している。香港経済日報などが23日伝えた。
今週IPOの募集を行うのは計5銘柄。うち大型株とされるのは、25日に公募を実施する中国核工業建設だ。原子力発電所の建設を主力とする同社は、5億2500万株を発行する計画。これは昨年12月のIPO再開以降で最大の規模という。公募価格は未定だが、調達規模は約27億人民元(約454億円)に達するとみられている。
このほか、一部メディアの報道によると、中国の証券当局は今週中にも、売買停止の新規定を発表する見通しだ。売買停止の理由や期間に対して一定の制限を設け、取引の公正性・透明性を確保する狙い。また、MSCI指数へのA株採用をにらんだ措置とも受け止められている。
昨夏の株価急落時には、一段の株価下落を回避するため、上場企業の過半数が売買を停止する事態が見られた。当局は新規定の導入により、売買停止制度の「乱用」を防ぎたい考えという。長期的に見れば、株式市場の健全化につながる見込みだが、新規定の実施によって長期売停銘柄が整理され、これら銘柄の株価下落が進む恐れがあるため、短期的には相場にマイナスの影響をもたらす可能性が懸念されている。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。