マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ワイヤレスG Research Memo(4):「人の流れ」をビッグデータとしてマーケティング戦略などにも活用

2016年5月25日 8:07

■業績動向

(2)成長戦略

ワイヤレスゲート<9419>では、個人向けのワイヤレス・ブロードバンドサービスの安定成長に加えて、今後は法人向けWi-Fiインフラ事業を強化していくことで、更なる収益拡大を目指していく考えだ。既に国内では2014年以降、複数の企業と業務提携するなど共同プロジェクトを開始しているが、2015年3月にFON社及びフォン・ジャパンと提携を発表し、同年11月にはフォン・ジャパンに30%の出資(株式取得費用1,200万ユーロ)を行いグループ化したことで、さらに同事業の成長が加速化されるものと予想される。

既に、フォン・ジャパンとの協業による受注実績も出始めている。2015年11月に北海道ニセコリゾートエリアにおいて、訪日外国人客向けに無料Wi-Fiサービスの提供を開始したほか、同年12月には鎌倉長谷寺にWi-Fiインフラを構築し、観光客を対象に無料Wi-Fiサービスの提供を開始した。同プロジェクトではWi-Fiインフラの構築・運用サポートに加えて、今後は長谷寺内のWi-Fi利用者の「人の流れ」を集積して、ビッグデータを活用したソリューションサービスの提供も予定している。さらに、長谷寺は災害時の避難場所として指定されていることから、災害発生時には周辺住民のライフラインとなる通信サービスの提供も行う予定となっている。また、2016年に入ってからも、道の駅や浅草エリアなどでWi-Fiインフラを構築し、無料Wi-Fiサービスの提供を開始している。1件ごとの案件から得られる収益は大きくないものの、毎月得られる運用管理料はストック収益となるため、今後、こうした案件の蓄積と各案件において派生する新規サービスの提供により、収益へのインパクトも徐々に大きくなっていくことが予想される。派生サービスとしては、「人の流れ」をビッグデータとしてマーケティング戦略などに活用するサービスなどが考えられる。同社では、今後国内でフォン・ジャパンとの協業により観光地や商業施設など20万のWi-Fiスポットを設置していく予定となっている。

(3)将来の成長に向けた新技術にも注目

米Cisco社の予測によれば、2020年までモバイルデータ通信のトラフィック量は年率53%増で拡大していくと見られている。新興国におけるモバイルブロードバンド市場の普及拡大に加えて、先進国においても高精細な動画視聴が進むこと、また、M2M/IoT市場が今後普及拡大していくことが予想されるためだ。Wi-Fiスポット数についても同様に2020年までに年率46%の高成長を見込んでおり、Wi-Fi通信の需要も引き続き拡大が続く見通しだ。こうした高成長市場において、トラフィック量の混雑による携帯電話基地局の負荷を軽減する新しい技術も開発されている。同社が2015年10月に出資した米nCore Communications社が開発した「LTE over Wi-Fi」もその技術の1つとなる。「LTE over Wi-Fi」とはWi-Fiスポット(無線LANルーター)のリソースの一部をLTEネットワークとして利用可能とする技術である。同技術を用いることで、LTEネットワークのトラフィックをWi-Fiネットワークに流し込むことが可能となり、既存のLTE基地局の負荷を軽減する効果が期待されている。実用化はまだ数年先となるが、同社では「LTE over Wi-Fi」技術を自社が構築・運用しているWi-Fiスポットに導入し、新たなソリューションサービスの提供など付加価値の向上につなげていくほか、将来的には提携先であるFON社が世界で構築するWi-Fiスポットにも導入していくことで、新たな収益機会獲得も視野に入れている。

モバイル通信市場の高成長が続くなかで、Wi-Fi、WiMAX、LTEなど様々な無線通信技術を組み合わせて最適なモバイル通信サービスを提供できる強みを活かし、また、無線通信技術に関する高い技術力をベースに、Wi-Fiインフラ事業によって新たな付加価値サービスを創出していくことで、同社の業績は今後も年率2ケタ台の安定成長が続くものと弊社では予想している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<YF>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。