マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「株王獅子丸」氏:伊勢志摩サミット関連銘柄

2016年5月25日 21:33

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株王獅子丸」氏(ブログ「株王獅子丸の注目銘柄」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人と連携し、より多様な情報を投資家に向けて発信しております。

----
個人投資家「株王獅子丸」氏コメント

執筆日時:2016年5月25日15時00分

ごきげんよう。株王獅子丸だ。
個人投資家の兄弟達よ。調子はどうだ?

いよいよ5月26日、27日に開催される伊勢志摩サミット。
早耳な投資家の方達の興味も「伊勢志摩サミットで上がる株」に意識が向いていることだろう。
毎日のように新聞やテレビニュースでサミットに関する報道が続いているが、「サミットで上がる株」というテーマを絞った報道はあまり見当たらないため、今回、俺の独自の見解を交えて「伊勢志摩サミットで株価が上がる銘柄」を読み当てるための先読み分析を行っていきたいと思う。

◆伊勢志摩サミットで上がる株

今回開催される伊勢志摩サミットで上がる株として、個人的な最有力候補として考えているのは自動運転車関連銘柄だ。2016年になってからも自動運転車関連銘柄は人気が高いテーマ株となっているが、伊勢志摩サミットをさらなる好材料として株価上昇に期待を感じている。

既に一部の国内外のメディアでも報じられている通り、今回の伊勢志摩サミットの主要会場となる三重県志摩市の賢島を舞台に、ハンドルやブレーキ操作が要らない自動運転車のテスト走行の実施が予定されているということはご存知だろうか?

全世界に向けた日本の自動運転車技術をアピールするのに、コレ以上の宣伝方法はないと言っても過言ではないほど、非常に影響力の強い自動運転車パフォーマンスとなるだろう。

未来の先読みに敏感な方であれば、伊勢志摩サミットでこのような自動運転車のアピールが行われるということは、当然、そこから自動運転車関連銘柄への注目も生まれることは容易に想定できるはずだ。

◆各国首脳が自動運転車に試乗

実際に、伊勢志摩サミットでアメリカのオバマ大統領、イギリスのキャメロン首相、フランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相、ドイツのメルケル首相、カナダのトルドー首相、日本の安倍首相らが自動運転車の試乗を実現した場合に、その内容が世界中に報道されることをイメージしてみて欲しい。

まず、サミットでは参加者達の記念撮影とも言うべき写真が撮影されることになると思うが、この写真撮影の一環として、サミットに参加した各国首脳陣が日本の自動運転車に笑顔で乗っている写真、実際に首脳陣が自動運転車で走行している動画などが世界中のテレビニュース、有力経済雑誌などで報道されることも想像できる。

さらには、首脳陣による自動運転車試乗に対する感想コメントが発表されることも想定できるだろう。
オバマ大統領らが「日本の自動運転車技術のクオリティは素晴らしかった」「日本を見習って自国にもこの自動運転車技術を取り入れたい」「自動運転車は近い将来に実用化される技術だ」などといったニュアンスのコメントが出た場合、当然、その発言は世界中で取り上げられることもあるのではないだろうか。

現実にこのような報道が世界中の有力メディア媒体で報じられれば、日本の自動運転車はより深く世界中に浸透し、世界中の投資家が“日本の自動運転車関連銘柄”に注目と興味を持つことが期待できるだろう。

2020年東京オリンピックを目処に実現が期待されている自動運転車。それらに携わる自動運転車関連銘柄は、今回のサミットで大きく注目しておきたい重要なテーマ株として俺は見ている。

◆サミットで注目の自動運転関連銘柄

ここまで説明をしてきた伊勢志摩サミットで予定されている各国首脳陣の試乗を踏まえた自動運転車のテスト走行だが、具体的にはトヨタ<7203>、日産<7201>、ホンダ<7267>といった日本を代表する3大自動車企業による主導で行われるようだ。
だからといって、これら3銘柄に投資を考えるというのはあまりにも短絡的過ぎると思うので、俺は改めて今回の伊勢志摩サミットで上がりそうな自動運転車関連銘柄を個人的にまとめてみた。

クラリオン<6796>、ベリサーブ<3724>、アイサンテクノロジー<4667>、ドーン<2303>が主力本命級の自動運転車関連銘柄になるのではないかと期待している。

その他にも、サミットの影響を受ける可能性がある株として、
日本無線<6751>、JVCケンウッド<6632>、北陸電気工業<6989>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、ソニー<6758>、日本セラミック<6929>、村田製作所<6981>、パイオニア<6773>あたりにも注目している。

ここに挙げた銘柄以外にも、伊勢志摩サミットの影響で株価が上がる株は存在していると思うが、自動運転車関連銘柄というテーマに絞って考えてみると、より具体的な今後の投資戦略がイメージできるのではないだろうか。

伊勢志摩サミット、各国首脳陣の試乗、自動運転車関連銘柄といったキーワードを中心にサミット開催前後の株式投資市場を見てみると面白いぞ。

その他、現在最新の注目テーマ株、短期銘柄から中長期銘柄など、個人的に注目している個別銘柄情報をブログで多数紹介している。話題のフィンテック関連銘柄、5G関連銘柄、マイナス金利関連銘柄、電力自由化関連銘柄、AR/VR関連銘柄、ドローン関連銘柄、ロボット関連銘柄、自動運転車関連銘柄、TPP関連銘柄、IoT関連銘柄、ZMP関連銘柄、マイナンバー関連銘柄、郵政関連銘柄、人工知能関連銘柄、東京オリンピック(東京五輪)関連銘柄、宇宙開発関連銘柄、インバウンド関連銘柄などに関する考察も日々行っているので是非チェックして欲しい。ETFやIPO、株主優待に関する情報も。
お使いの検索サイトで「株王獅子丸」と検索してもらえればブログが読める。

----

執筆者:「株王獅子丸」氏
ブログ名:株王獅子丸の注目銘柄

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。