マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

改めて考える資産運用としてのFX 『FXダイレクトプラス』で高金利通貨のメリットを得る
  • PR
  • 2016年6月2日 12:00

    日銀のマイナス金利政策の影響で国内金利はいちだんと低下。金利が付く金融商品はいまや貴重な存在となりつつある。

    だが、海外に目を転じれば、高い金利が付いている通貨がいくつもある。FXなら、その恩恵を享受することができる。

    今年2月に導入された日銀のマイナス金利政策によって、短期から長期までの金利が一斉に低下した。その結果、10年国債まで▲0.1%以下(4月下旬時点)というマイナス金利圏内に沈んでいる。

    この影響は預貯金にも及び、銀行の定期預金金利は満期1か月から10年まで、すべてが0.01%となっている(メガバンクの場合・2016年5月現在)。仮に、100万円を預けても、1年で100円しか利息が付かない水準だ。

    こうなると、資産を「殖やす」ためには、リスクを取って運用をする必要がある。金利が付く金融商品となると海外資産が選択肢となるが、いまは世界的な低金利状態。外貨預金でも、米ドルやユーロといった通貨では高金利を得ることは難しい。

    そこで、有力な選択肢となるのがFX(外国為替証拠金取引)だ。FXであれば、海外のさまざまな通貨を取引することが可能で、その中には、トルコリラや豪ドルといった高金利通貨がある。

    FXの場合、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うと、通常金利差の調整額を「スワップポイント」として受け取ることができる。

    しかし、ここで注意すべきことがひとつある。FX会社により取り扱っている通貨が異なることだ。すべてのFX会社が、高金利通貨を幅広くラインナップしているわけではない。しかも、各通貨において、24時間、スムーズなトレードを可能にするには、安定した為替レートやスプレッド(買値と売値の差)を提供することがFX会社には求められる。

    実は、これがなかなか難しい。為替市場の主要プレーヤーである世界の大手金融機関との信頼関係や、トレードを執行するシステムの安定性など、FX会社としての〝総合力〟が強く関係するからだ。

    その点、ここで紹介するセントラル短資FXの『FXダイレクト+(プラス)』は、初心者から上級者まで満足できる総合力の高いサービスを提供していると、多くのFXトレーダーに支持されている。

    『FXダイレクト+』が選ばれる理由

    money-post2016-06-46

    業界最多クラスの通貨ペアに加え、豊富な取引ツールやチャート、さらに、少額から大口の注文まで発注できる取引対応力など、あらゆるトレーダーのニーズに応えるサービスを用意している。

    FXを始めるときは、どこの会社に口座を開くかが最初の大きな鍵となるが、『FXダイレクト+』なら多様なニーズにも応えてくれそうだ。

    『FXダイレクト+』で狙う高金利通貨のスワップポイント

    money-post2016-06-46-2

    ■スワップポイントとは?
    通常、FXでは低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うと、金利差の調整額を得られる。これをスワップポイントという。左の表のように、日本同様、マイナス金利政策を実施しているユーロを売り、高金利通貨の豪ドルを買えば、スワップポイントを得られる。

    ■トルコリラ/円のケース
    高金利通貨の代表がトルコリラ。トルコの政策金利は7.50%なので、例えば、『FXダイレクト+』でトルコリラを1万通貨(日本円で約39万円)買うと、1日100円近くのスワップポイントを受け取れる(2016年4月下旬時点)。これを年率換算すると約9%相当に!(1年間を360日として計算。為替レートの変動により生じる為替損益は考慮していない)。

    その他注目機能・サービス

    『パーソナルレコード』でトレードの〝クセ〟を知る

    PC用のツールであるパーソナルレコードを活用すると、過去の取引履歴から、自分の取引の傾向やクセなどが分かる。トレードが上手く行かなかったときの原因をチェックすれば、取引手法の改善に役立つ。トレードを頻繁にするユーザにとっては強力なサポートツール。

    トルコの貴重な情報も配信

    money-post2016-06-46-3トルコ人アナリストのエミン・ユルマズ氏が、セントラル短資FXで開催したセミナー『トルコ経済の最新情報とトルコリラの行方2016年春』の動画を無料配信中。貴重な現地の情報が盛りだくさん。次回のセミナーは6月6日(月)に開催予定。
     

    最大2万円キャッシュバック・キャンペーン実施中!

    セントラル短資FXでは、『2016年 春のFXスタートキャンペーン』を6月30日(木)まで実施中。期間中に初めて口座を開設し、口座開設月の翌月末の営業終了までに『FXダイレクト+』で200万通貨以上取引(新規または決済)すると、2万円がキャッシュバックされる。取引量によっては、米ドル/円の実質スプレッドが0銭になる。詳しくはホームページで。

    ※マネーポスト2016年夏号

    店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。取引証拠金としては、想定元本の4%(「法人コース」は1%)以上の額の必要証拠金を予め預託いただく必要があります。取引レート、両替レート及びスワップポイントの売値と買値には差が生じます。取引手数料は無料、受渡手数料は1万通貨につき500円、顧客報告書発行手数料は無料(郵送の場合のみ、1件につき1,080円)です。
    なお、セントラルミラートレーダーでは投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。報酬額は通貨ペアや売買の別により異なりますので、投資顧問契約締結前交付書面にてご確認ください。お取引に際しては、「店頭外国為替証拠金取引説明書」等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。
    ※スワップポイントは金利等に連動し、日々変動します。また、プラスからマイナスへ転じる場合もあります。建玉の持ち方によりマイナス(支払い)のスワップポイントが発生する場合があります。金利変動リスクについて必ずご確認ください。為替レート変動は勘案していません。
    セントラル短資FX株式会社 www.central-tanshifx.com
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
    加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
    一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。