マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アデランス Research Memo(3):国内女性市場回復への取組みと進捗状況

2016年6月1日 17:19

■2016年2月期決算分析

弊社は、アデランス<8170>が国内女性向け事業と海外事業を2つの成長エンジンとして中長期成長を成し遂げるという見方をまったく変えていない。現状の全体像を改めて整理してみよう。

(1)国内女性向けウィッグ市場の現状

人口減少のステージに入った日本において、女性向けウィッグ市場には成長余地があるというのが弊社の見方だ。その理由を一言で言えば、「アンチエイジング需要」の高まりということだ。加齢に伴い薄毛に悩む女性が増える。女性の薄毛に対する意識は男性に比べて高く、程度にもよるが薄毛対策をまったく行わないという選択をするケースは少ない。また、男性とは異なり、一度利用した人は生涯を通じて利用を続ける傾向にある。

日本の人口動態はまさに女性のウィッグ市場の拡大を強く示唆している。女性のほうが男性に比べて平均寿命が長く、人口も多い。総務省などの人口統計などによれば、10歳から89歳までの女性の人口は、2013年から2023年までの10年間で4.3%減少することになっている。しかしながら、40歳~89歳を「ウィッグ使用対象人口」と定義付けると、その数は同期間に2.5%増加するとみられる。実際のウィッグ利用者数で見た場合には、その増加率はもっと高いものとなると考えられる。また、外出機会が多く、購買力の高いアクティブ・シニアの増加が女性向けウィッグ市場の拡大につながるとみている。

このように、成長が期待される国内の女性向けウィッグ市場であるが、それゆえにこの市場への新規参入を招き、価格競争が起きているのが現在の状況だ。従来は、同社とアートネイチャー<7823>の2社が圧倒的なシェアを持ち、市場をリードしていた。そこには一定の秩序と安定があった。しかし高齢化が進んでウィッグ使用開始年齢層の人口が増加するのを見て、ここ1、2年に異業種からの参入が一気に加速した。これら新興勢力に加え、競合会社も低価格のレディメイド・ウィッグを、テレビショッピングやeコマース、百貨店での展示会などの様々な販路で販売している。製品価格は、同社の中心価格帯が10万円~15万円であるのに対し、新興勢力のそれは数千円~1万円前後が主流で、高くても3、4万円程度だ。新興勢力はこの価格差を武器に大手2社からシェアを奪っている状況だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。