マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】前場に注目すべき3つのポイント~増税再延期、「格付け影響なし」は安心感に

2016年6月2日 8:28

2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:増税再延期、「格付け影響なし」は安心感に
■外資系証券の注文動向:差し引き140万株の売り越し
■前場の注目材料:三菱商事、三井物産など大手商社がキューバ再進出

■ 増税再延期、「格付け影響なし」は安心感に

2日の日本株市場は、売り先行後は底堅い相場展開が見込まれる。1日の米国市場は小幅に反発している。中国の低調な経済指標を嫌気して欧州株が全面安となり、この流れを受けて売りが先行。しかし、米国の製造業指数が堅調となったことを受けて下げ幅を縮めると、ECB理事会や週末の雇用統計を見据えて買い戻しも入り、大引けにかけて上昇に転じている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円安の16855円だった。

シカゴ先物にさや寄せする格好から、価格帯別出来高で商いが膨れていた16800-17000円処での攻防となりそうだ。再びこの水準を割り込んでくるようだと、ポジション圧縮の流れが強まる可能性はある。一方でOPECやECB理事会を控えていることや雇用統計の前哨戦となるADP雇用報告を控えていることもあり、ある程度の調整は想定内であろう。嫌気売りというよりはポジション調整といった見方である。

安倍首相は、消費増税の再延期を表明した。これ自体は織り込み済みであるが、米格付け会社のS&Pは、「日本の格付け評価には影響しない」との見解を発表。「今回の延期が短期的な財政収支を弱めるとはみていない」ことを理由に挙げており、この点は安心感につながろう。

その他、米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、多くの地区で人手不足が見られ、賃金も小幅ながら上昇していると指摘し、景気は緩やかに拡大したという判断を示している。米利上げ観測への思惑から円安傾向を想定し、16800円処での攻防であれば、押し目拾いのスタンスとしてみておきたい。

物色の流れとしては昨日のLINE関連のほか、VR(仮想現実)などに関心が集まりそうだ。また、急落が続いているアキュセラ<4589>は本日にも4ケタを割り込んでくる可能性がある。年初からの上昇部分を完全に帳消しにしたことになるが、一方で短期筋の値幅取り狙いの資金が集中することになろう。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)

■外資系証券の注文動向:差し引き140万株の売り越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り990万株、買い850万株、差し引き140万株の売り越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

5月26日(木):90万株の売り越し
5月27日(金):80万株の買い越し
5月30日(月):50万株の買い越し
5月31日(火):590万株の買い越し
6月01日(水):350万株の売り越し

■前場の注目材料

・NYダウは上昇(17789.67、+2.47)NY原油(49.01、-0.09)
・米FRB報告「景気は緩やかに拡大」
・消費増税再延期、国債格付けに影響せず
・LINE関連株が軒並み上昇
・中国製造業PMI、15ヵ月連続で50割込む
・政府、リニア前倒しで3兆円融資検討
・米マイクロソフト、VRで10社超と提携
・三菱商事<8058>、三井物産<8031>など大手商社がキューバに再進出
・トヨタ<7203>、米グーグルとロボット子会社2社の買収交渉

☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 5月マネタリーベース(4月:前年比26.8%)
・08:50 対外対内証券売買(先週)
・10:30 佐藤日銀審議委員講演(金融経済懇談会、釧路市)

<海外>
・10:30 豪・4月貿易収支(予想:-21.00億豪ドル、3月:-21.63億豪ドル)
・10:30 豪・4月小売売上高(前月比予想:+0.3%、3月:+0.4%)

<WA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。