マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:生鮮食品EC業者に倒産ラッシュ、95%が赤字経営

2016年7月7日 14:09

生鮮食品を扱う電子商取引(EC)業者が苦戦を強いられている。収益モデルを確立できない中で、撤退を余儀なくされる業者が後を絶たない状況だ。ある統計によると、昨年1年間だけでも13業者が倒産に追い込まれたという。北京商報が6日付で伝えた。
「2014~15年中国農産品電子商務発展報告」によると、中国の生鮮食品EC業者は昨年末時点で約4000社を数えたが、そのうち利益計上しているのはわずか1%にとどまった。4%が損益均衡の状態。残りの95%は軒並み赤字経営で、うち7%は巨額損失を計上した。
業界不振の背景にあるのは、業者間で進む同質化競争。ほぼ全業者が「規模追求型」の経営に走り、採算度外視で安値販売を繰り返してきた。一方でコールドチェーンを必要とする生鮮食品は物流コストが高くつく。結果的に、薄利・赤字継続の経営モデルが業界全体に浸透していった。
こうしたなか、同業界は倒産ラッシュを迎えている。米アマゾンから出資を受けた「上海美味七七」が資金繰り難で今年4月に経営破たん。これとほぼ同時期に同業界進出第1号の「優菜網」が市場撤退を宣言した。優菜網は設立当初、有機野菜のみを扱い利益計上していたものの、その後に非有機野菜へと取扱いを拡大。卸売市場から直接仕入れる方法を採ったが、客単価の下落で収益力が削がれていった。なお、上海美味七七についてはその後、家楽宝電子商務が買収を発表。美味七七のブランドを残す形で、経営再建が図られている。
従来の「B2C」モデルが難航する中で、ウェブサイト(オンライン)から実店舗(オフライン)に消費者を誘導するビジネスモデル「O2O」に活路を見出そうとするEC業者も出てきた。ネットで注文・決済し、実店舗で商品を受け取るといった仕組み。コスト低減につながるほか、実店舗で消費者にサービスを提供することが可能になる。業界関係者は「消費者との接点を増やすことで、顧客の囲い込みが狙える」と期待感を示した。
業界は低迷しているものの、生鮮食品のEC市場は有望分野といえる。中国では生鮮食品のEC浸透率が足元で1%に満たない低水準で、将来的な成長が見込めるためだ。調査会社ニールセンのレポートによると、同市場規模は年50%のハイピッチ成長を持続する見込み。18年には1500億人民元(約2兆2700億円)超まで膨張するとみられるという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。