マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:【7/12IMM】円買い持ち減、来週の注目:ECB定例理事会、トルコ情勢など地政学的リスク

2016年7月16日 7:34


シカゴIMMの短期投機家・投資家による円の買い持ち高は前週の過去最大水準から減少した。

英国の欧州連合(EU)離脱問題が落ち着きを取り戻したが、南仏ニースでのテロ、トルコでは、ユルドゥルム首相が「軍の内部で反乱がおきた」、トルコ軍が「国を掌握した」と宣言するなど、トルコ情勢を含めた地政学的リスクは依然高く、懸念要因となる。また、国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通し引き下げがリスク要因となる。ラガルド専務理事は来週、世界成長見通しを下方修正する可能性をすでに示唆した。

来週は、英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したのち初めて開催される欧州中央銀行(ECB)の定例理事会に注目が集まる。ECBは3月に大規模な追加緩和策を発表後、効果を見極めるために政策維持すると見られている。ドラギECB総裁は引き続き、英国のEU離脱が景気やインフレ見通しを悪化させた場合、追加緩和も辞さない姿勢を再確認すると見る。トルコの混乱もユーロ圏経済にとってはマイナス。このため、ユーロも軟調推移が継続すると見る。

米国では、共和党がオハイオ州、クリーブランドで党大会を開催。大会で、大統領候補のトランプ氏が正式指名を受ける。また、年内の利上げ確率が再び上昇する中、住宅関連指標に注目が集まる。26−27日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合を控えて、連邦準備制度理事会(FRB)がブラックアウト期間に入るため、FRB関係者の講演は予定されていない。さらに、日本当局がヘリコプターマネー策を導入するとの憶測が強まる中、来週末には中国でG20財務相・中央銀行総裁会議が開催される。為替に関しては、依然競争的な通貨安政策を回避する公約を維持すると見られ、円売りが一段落する可能性もある。

6月の強い雇用統計が4月、5月の弱い雇用統計が一過性であった証拠となったほか、6月小売の改善が4−6月期の国内総生産(GDP)成長率の伸びが改善する可能性を示唆。また、生産者物価指数や消費者物価指数の予想以上の上昇は、連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーのインフレが目標2%に達するさらなる自信につながる。ロックハート・アトランタ連銀総裁はロイターとのインタビューで、「本年、1,2回の利上げは依然あり得る」と言及。ただ、7月末に予定されているFOMC会合での利上げ確率は依然一けた台にとどまったまま。エコノミストは現状、4−6月期GDPの成長が1−3月期の1.1%から2.7%へ伸びの拡大を予想している。


■来週の主なイベント

●IMF
19日:最新の世界経済見通し(WEO)発表(4月時点2016年+3.2%、2017年+3.5%)

●G20
23日−24日:G20財務相・中央銀行総裁会議

●米国
18日:7月NAHB住宅市場指数:予想60(6月60)、共和党大会
19日:6月住宅着工件数:予想1165万件(5月116.4万件)
21日:5月FHFA住宅価格指数:予想前月比+0.4%(4月+0.2%)、6月中古住宅販売件数:予想547万件(5月553万件)

●欧州
21日:欧州中央銀行(ECB)定例理事会:予想主要政策金利:0%(前回0%)、預金ファシリティレート:−0.4%(前回−0.4%)、限界貸付金利:+0.25%(前回+0.25%)

●地政学的リスク
ウクライナ紛争
ガザ紛争
イラク、イスラム過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」
シリア
イエメン
トルコ、ユルドゥルム首相「軍の内部で反乱がおきた」


【IMM】

*円
ネット・円買い持ち:+47,545(7/12)←円買い持ち:+63,568(7/5)(直近ネット円買い持ち最高水準:08年3/25+65,920、04年2/6+64499)(過去最高ネット円売り持ち高:07年6/26-188,077)
*ユーロ
ネット・ユーロ売り持ち:-87,660(7/12)←ユーロ売り持ち:- 75,327(7/5)(07年5/15:+119,538過去最高買い持ち高、10年2/9-57,152過去最高の売り持ち高)

*ポンド
ネット・ポンド売り持ち:-60,067(7/12)←ポンド売り持ち:- 49,031(7/5)(07年7/22:直近ネット買い持ち高最高水準+98,366)

*スイスフラン
ネット・スイスフラン買い持ち:+ 6,718(7/12)←スイスフラン売り持ち:+8,678(7/5)(過去最高スイスフランネット売り持ち高:07年6/19:-79,331)

*加ドル
ネット・加ドル買い持ち:+17,175(7/12)←加ドル買い持ち:+11,517(7/5)(直近ネット買い持ち高最高水準:07年10/12+83001)

*豪ドル
ネット・豪ドル買い持ち: +16216(7/12)←豪ドル買い持ち:+4903(7/5)

<NO>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。