マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は続伸、ファーストリテやソフトバンクGが指数けん引

2016年8月1日 16:45

1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり80銘柄、値下がり140銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は続伸。米4-6月期国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったことが嫌気され、前週末29日のNYダウは5日続落。為替市場では一時1ドル=101円台まで円高が進み、こうした流れを受けて日経平均は153円安からスタートした。寄り付き後は16319.15円(前週末比250.12円安)まで下落する場面があったが、円高一服とともに下げ渋り、プラスへと切り返した。後場の寄り付き後に本日の高値16677.49円(同108.22円高)を付けると上げ一服となったが、その後もおおむねプラス圏で推移した。

大引けの日経平均は前週末比66.50円高の16635.77円となった。東証1部の売買高は24億0409万株、売買代金は2兆4867億円だった。業種別では、銀行業が3%超上昇したほか、情報・通信業、精密機器が上昇率上位だった。一方、証券が3%超下げたほか、空運業、ガラス・土石製品が下落率上位だった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約75円押し上げた。値がさ株で指数寄与度の大きいこの2社は、ともに4%近い上昇となった。東ソー<4042>は後場急伸し6.6%高。取引時間中に発表した第1四半期決算は、営業利益が前年同期比14.5%増となった。日経平均構成銘柄の上昇率トップはトクヤマ<4043>で8.5%高、同2位はりそなHD<8308>で7.3%高だった。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はTOTO<5332>となった。ともに第1四半期決算を発表しており、東エレクの営業利益は前年同期比27.0%減、TOTOの営業利益は同28.0%増だった。日経平均構成銘柄の下落率トップはNEC<6701>で11.3%安、同2位は住友化<4005>で9.1%安となった。NECの第1四半期決算は市場想定より赤字幅が拡大。住友化の第1四半期は医薬品を除き低調との指摘が見られた。


*15:00現在


日経平均株価  16635.77(+66.50)

値上がり銘柄数  80(寄与度+181.33)
値下がり銘柄数 140(寄与度-114.53)
変わらず銘柄数  5

※本日、構成銘柄からシャープ<6753>が除外された一方、
ヤマハ発動機<7272>が採用された影響で、寄与度の合計と
日経平均株価の前週末比下落幅は一致しません。

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 34670 1240 +48.45
<9984> ソフトバンクG 5930 227 +26.61
<9433> KDDI 3215 70 +16.41
<6762> TDK 6680 290 +11.33
<4503> アステラス薬 1778.5 57 +11.13
<4502> 武田 4800 212 +8.28
<6954> ファナック 17505 180 +7.03
<9735> セコム 7901 142 +5.55
<9009> 京成 1417 65 +2.54
<9613> NTTデータ 5170 60 +2.34
<6758> ソニー 3339 57 +2.23
<8802> 菱地所 1984.5 55.5 +2.17
<6902> デンソー 4101 55 +2.15
<4507> 塩野義 5404 54 +2.11
<4523> エーザイ 6094 50 +1.95
<2801> キッコーマン 3705 50 +1.95
<8270> ユニーGHD 871 39 +1.52
<4042> 東ソー 563 35 +1.37
<6971> 京セラ 4908 17 +1.33
<9432> NTT 5027 146 +1.14

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<8035> 東エレク 8690 -339 -13.24
<5332> TOTO 4120 -315 -6.15
<6988> 日東電 6776 -135 -5.27
<4452> 花王 5454 -99 -3.87
<7203> トヨタ 5797 -97 -3.79
<5333> ガイシ 2398 -91 -3.56
<7270> 富士重 3926 -89 -3.48
<6770> アルプス 2259 -81 -3.16
<6752> パナソニック 940.7 -70.3 -2.75
<6103> オークマ 725 -69 -2.70
<2282> 日本ハム 2436 -67 -2.62
<5214> 日電硝 432 -38 -2.23
<2802> 味の素 2582.5 -56 -2.19
<3099> ミツコシイセタン 964 -55 -2.15
<7733> オリンパス 3525 -55 -2.15
<7951> ヤマハ 2814 -50 -1.95
<4005> 住友化 418 -42 -1.64
<4151> 協和キリン 1764 -39 -1.52
<8053> 住友商 1046.5 -37.5 -1.47
<5108> ブリヂストン 3564 -37 -1.45


<NH>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。